渋谷PARCOアリスアクセ*1
渋谷PARCOのイベントに出展するアリスアクセサリー、ようやくブログでご紹介です。その前に多少前口上を。ティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』の公開もあり、空前のアリスブームといっても過言ではない状況のなか、NEW ATLANTISもある意味流行りにのってみました。とはいえ前からアリスというテーマに取り組んでみたかったのも事実。ルイス・キャロルの原作の小説とテニエルの挿絵、さらには大きな影響を受けているシュヴァンクマイエルの映画『アリス』、そして私が以前より心を惹かれていたトランプというモチーフ。アリスというテーマに取り組むならば、物語のそのままに再現ではなく自分なりのテイストを加えたいと常々考えていたのですが、そうした中で浮かび上がってきたのが「スペードのクイーン」というモチーフでした。

ティム・バートンの映画を見て強烈な存在感を放つ赤の女王の造形が面白いなと思いましたが、自分が作品として作る場合取り入れたいのはハートではありません。ハート型はかわいいと思うしいくつかアイテムは持っていますが、自分のアクセサリーとしては黒でシャープな、トランプの中で一番好きなモチーフであるスペードを主役にすることにしました。タグをはじめパーツとしてスペードがたくさん鏤められています。ぜひ会場にて、NEW ATLANTISのスペードの物語を御覧いただければ嬉しいです。

c0077407_143861.jpg
文字ばかりではなんなので少しずつ写真を。今回のイベント用に作ったトランプ型のタグと、古いアリス本です。アリス本は見ての通りボロボロで、だからこそ躊躇無く解体して素材として用いることができました。

c0077407_1434366.jpg
本の中にあった書き込み。調べても本の発行年がイマイチわからなかったのですが、1924年と記されているのでそれ以前に出版された本なのでしょう。本の中には鉛筆で薄く書き込みがしてあり、以前の持ち主が辞書で単語を調べつつ読み進めようとしていた様子が伺えます。この本は素材やディスプレイ用にすると決めているので、当日は燃やされた紙片がブースに散らばっているかもしれません。ディスプレイのデザインはまだ検討中ですが、いつものようにNEW ATLANTIS的な空間演出で見て楽しいブースに仕上げるつもりです。

c0077407_1435986.jpg
ようやくアクセサリーの紹介です。コインブローチセット。今回のアリスというテーマを体現している新作だと思います。今まで作っていたコインパーツをそのままブローチにしただけと制作上のテクニックはごくシンプルですが、パーツ集めやトータルのパッケージングのやり方で新しいことができたかなと思っています。アクセサリーとしてはもちろんですが、トータルのパッケージングがかわいくなるよう、台紙作りなどにもこだわりました。

c0077407_1441332.jpg
裏まで丁寧に作り込んだうえで紙を一枚一枚加工して台紙を作っています。仕上げにはリボンを。こういう細かい部分までこだわるのが私は好きだし、この作り込むプロセスが楽しいです。

c0077407_1442677.jpg
コインの色やパーツの組み合わせはさまざまあります。王冠が入っているタイプがややかわいくて、ナシのものはややクールな印象かも。会場でお好みの組み合わせを探してみて下さいね。

c0077407_1443828.jpg
以前からの定番であるブックマークの今回のイベント用にパッケージングを変えて。アリスといえば「DRINK ME」「EAT ME」が有名ですが、それをもじって「READ ME!」としました。切手型にくり抜いた古書もポイント。このブックマークはとりあえず6個出品します。本当はもっとたくさん出したいのだけれど、現状ではパーツが揃っていません。間に合いそうだったら追加生産をします。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-04-26 14:35 | 手作りアクセ | Comments(0)
<< 渋谷PARCOアリスアクセ*2 アリス、そして箱宇宙を讃えて >>
AX