10月7日から花の王冠展です
10月7日からshop CABARETで開催される「La couronne du fleur 8」に参加します。販売物のご紹介、あとは会場の時間が日によって異なるのでこちらも改めて記しておきます。

◆日時 2014年10月7日(tue) ~13日(mon)
15:00-20:00(7日) / 12:00-19:00(8~9日) / 12:00-20:00(10~12日) / 12:00-17:00(13日)

c0077407_16315836.jpg
定番で作っているspoon ephemera、今回は花の王冠展という事で久しぶりに少女性が強めなアイテムも制作してみました。こちらは以前見つけたヴィンテージの釦をあしらったデザイン。TEA PARTYを思わせるデザインで個人的にもお気に入りです。こちらはこの2点のみの販売になります(部屋にもう一セットあったかも…。もし発掘できればいつか別な機会に出品します)。

c0077407_16321690.jpg
小さなビスクドールの手を封じ込めたデザイン。生成のリボンは写真ではわかりませんが、手染めで蚤の市から出てきたようなくったりした質感に仕上げました。このリボンはすごく好きなので、春夏はこれを使って少女的なアイテムを作れたら…などと考えています。

c0077407_1632223.jpg
秋冬のお洋服にぴったりの質感のリボンを組み合わせたデザイン。別珍とは異なる独特の重厚感のある色合いがお気に入りです。廃盤リボンで紺とボルドーは残りわずかです。

c0077407_16321713.jpg
靴下留めは今回沢山制作しています。写真は「ノースマリンの靴下留め」と名付けたアイテム。紺色のゴムに黒革を合わせて少年性の強い雰囲気に仕上げました。海・ブルー・少年…自分のなかにある憧憬がキーワードが裏のテーマになっている商品かもしれません。セーラーアイテムをはじめ、ボーイッシュなスタイルのアクセントとして使っていただけるデザインになっています。なお今回からストライプ靴下留めの金具を変更し、値段も少しお買い得になっています。合わせやすい定番の黒ゴムはもちろん、ストライプタイプは色によって雰囲気が異なるので是非こちらにも挑戦していただけたらと思います。

c0077407_16333169.jpg
ショップに並べやすいよう今回は靴下留めをパッケージングしてみました。「時計印の靴下留め」(黒革・黒リボン)4個、「星めぐりの歌」(青革・黒リボン)4個、「アリスの靴下留め」(黒革・黒ストライプリボン)2個、「ブラウンストライプ」(黒革・黒リボン)2個、「ベージュストライプ」(茶革・茶リボン)2個、「ノースマリンの靴下留め」(黒革・黒リボン)2個となっています。靴下留めは少年装用のアクセサリーとしても大人気です。遊べるレッグアクセサリーとして是非ファッションに取り入れてみて下さいね。

c0077407_16334681.jpg
c0077407_1633773.jpg
サスペンダーは6個持っていきます。過去のエントリーではハーフパンツと合わせて少年的コーディネートをご紹介しましたが、サスペンダーはスカートとの相性もとてもよいです。ブローチをつけて装飾的に、また取り外してシンプルにも使えるデザインになっています。

c0077407_16335359.jpg

c0077407_1634126.jpg

リボンループタイとネクタイネックレスも多数会場に並びます。こちらもNEW ATLANTISの人気アイテムです。また定番商品なので写真を撮りませんでしたが「ネジマキ羊のサーカス団」と「コインループタイ」も持っていきます。

今回はコインリングやブローチなどを出品しないので、全体的に単価がやや高めで5000円前後の商品ばかりになってしまいました。すでに商品数がかなりあるのでこれ以上増やすのは…と思い、お手頃価格アイテムを用意できずに申し訳ありません。リングやブローチは都内では吉祥寺の匣ノ匣にいろいろ納品しています(7日に追加納品予定です)。こちらも合わせてお知らせいたします。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2014-10-06 17:05 | 活動の記録 | Comments(0)
<< 10月17日から少年展です 『CUTiE』10月号「黒執事... >>
AX