LUSH*スキンケア編
以前紹介しそびれたLUSHコスメの続き。写真を失敗した&使いかけのものを撮影しているためだいぶお見苦しい状態になっていてすみません。

c0077407_16265439.jpg

この三つは泡立たないタイプの洗顔料です。最初は泡立たないところに違和感を覚えたのですが、使っているうちに慣れてしまいました。ペーストを少量の水でゆるめ、顔全体にのばしてマッサージした後洗い流すという使い方です。三種類発売されていて、洗い上がりのさっぱり順に並べると「マリンに恋して>ハーバリズム>天使の優しさ」です。一言ずつコメントを。

・天使の優しさ…たぶん一番人気タイプ。アーモンドの粉が適度なスクラブ感を出し、洗い上がりの肌はしっとりもちもち。触ると肌がなめらかになっているのがよくわかります。オイリー寄りの普通肌の私には少し重い洗い上がりだけど、乾燥肌の人にはぴったりの質感ではないでしょうか。

・ハーバリズム…米ヌカと米酢入り。匂いが強烈、もろお酢の匂い。私はヴィネガー大好き人間なので気になりませんが、この匂いに抵抗感を感じる人もいるかも。天使の優しさほど洗い上がりに油膜感はなく、しっとりしつつもつるつるした感じがします。

・マリンに恋して…毛穴の中の汚れまで洗い流してくれます。さっぱりした洗い上がりがとても気持ちがいいです。肌がさらさらになります。私の場合Tゾーンはこれでちょうどいい感じだけど、Uゾーンは冬場だとやや乾燥するかな。

私の場合はこんな感じです。一番肌に合う使用感は今のところハーバリズムかな。ただ他の二つも好きなので、一応手元に全部買いそろえて肌の状態に合わせて使い分けています。朝はマリンかハーバリズム、夜は天使かハーバリズムというパターンになっています。

c0077407_1627432.jpg

LUSHにはまるきっかけとなった生パック。種類はいろいろありますが、冷蔵庫に切らさないようにしているのはこの「華麗なる饗宴」。アーユルヴェーダの知恵を取り入れて作られたこのマスクは、スパイスがたくさん入っています。やや刺激が強くピリピリするので肌の弱い人向けではないかもしれませんが、汚れがとれて明るく透明感のある肌に仕上がるのでとてもお気に入り。お店では50gで三回分と言われたけれど、私は六回使っているなぁ。もしかしてケチってる?実はこの生パック、冷蔵庫で3週間しか持ちません。3週間では使いきれないので、最初の二回分ほどを残し、残りは小分けにしてラップで包み冷凍庫で保存して使っています。

左はボディークリーム「肌の愛情」。カカオのような、バニラのような、甘い匂いがたまらなくおいしそう。テクスチャーはゆるめでよくのびるけど、しっとり潤って肌がすべすべになるので使用感も大好きです。これを使っていると匂いが好きすぎてフレグランスをつけるのをついついさぼってしまいます。これが唯一の欠点かも(笑)。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2006-11-18 16:29 | コスメ | Comments(0)
<< 花とレースとリボンのお店 自鳴琴嬉遊館 >>
AX