告知*工作舎「本の仕事人」にインタビュー掲載
**このエントリーは一週間ほどトップ表示させておきます**

工作舎のサイトに連載されているコンテンツ「本の仕事人」にインタビューが掲載されました。Oさんに続き工作舎ファンその2として、読者の視点から工作舎や本について語っています。10代の頃に出会って以来工作舎の本は常に知的好奇心に刺激を与えてくれる存在でありました。そんな憬れの工作舎からインタビューのお話をいただけて、本当にうれしいです。工作舎のサイトは「賢治と鉱物」をはじめ、連載コンテンツも大変充実しています。ぜひインタビューを合わせて御覧になって下さいませ。話しの中心が科学ですが、ご存知の方もいる通り私は現在人文系の領域で研究を行っています。しかし、私の出発点はまぎれもなくこの「科学精神」なのです。私の中にはいくつも矛盾する要素が混在し、それは連続でありまた非連続でありつつ知的好奇心という軸に貫かれ、断層のように積み重なって<由里葉/もしくは別な名前を持つわたし>という存在を形成しているのです。そんな私の今までの曲がりくねった歩みがインタビューの中に詰まっている気がします。また科学ばかりではなく、最近は書物と人との関わりについてもよく考えています。本と人とが交差する場に対する想いは日増しに強くなっています。インタビューの注釈の中にも触れてありますが、春の一箱古本市は助っ人として参加する予定です。こちらの件はまた改めて告知いたします。

c0077407_1858434.jpg
私の本棚にある工作舎本の一部を積み上げてみた写真です。もちろんこれが全部ではなくてまだまだあるのですが、ぱっと目についたものを並べてみました。写真だけではわかりにくいと思うので下から書き出してみると松岡正剛『遊学の話』、『遊』第一期第二号、『遊 野尻抱影・稲垣足穂追悼号』、『全宇宙誌』、『ムットーニの不思議人形館』、ジャック・ロジェ『大博物学者ビュフォン』、荒俣宏『大博物学時代』、『日本の科学精神2』、津島秀彦+松岡正剛『二十一世紀精神』、『20周年記念出版 ブックマップ』、稲垣足穂『人間人形時代』、荒俣宏+松岡正剛『月と幻想科学』、レオ・レオーニ+松岡正剛『間の本』、レオ・レオーニ『平行植物』、ロレンス・ダレル『予兆の島』です。……ああ、なんだかとっても偏ったセレクションですね。工作舎の本の中でも、特にある一部の方向に偏っていますよね。さらっと選んだだけなのに、私という人間の内面が如実に現れているラインナップになってしまって少々恥ずかしいです(笑)。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-22 19:33 | 活動の記録 | Comments(12)
Commented by Wednesday at 2008-04-16 21:56 x
インタビュー拝見しました☆
個性的なセレクトの書店は良いですよね。
僕は仕事柄、美術関連の本を探すので
そういうもののラインナップが洗練されているとつい通ってしまいます。

装丁等の本を構成する要素は、Web等で文章そのものを読む
よりも没入感を、さらに引き立ててくれますよね。
そういった意味で、良い本を見極める受けての力と言うような物も
必要なのかな…等と考えてしまいます。

Commented by きっしー at 2008-04-17 01:38 x
インタビュー読みました。おもしろかったです!
とくに、本屋の棚のところですね。店員のセンスは重要ですよね〜、リアルな書店は、今後はセレクトショップみたいな感じになっていくかもですね。というか、個人的にそうなってほしいです(笑)。
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-17 08:41
Wednesdayさん>
インタビューを読んで下さってありがとうございます☆そういえばインタビューの中では触れそびれたなと今更思っているのですが、私は工作舎の本のデザインからも非常に大きな影響を受けているのです。杉浦康平さんや戸田ツトムさんのお名前を知ったのも『遊』がきっかけだったと思います。ちなみにWednesdayさんは『全宇宙誌』という本を御覧になったことがありますか?本全体が宇宙のような、素晴らしいデザインの本です。もし御覧になったことがなければ、またお会いする機会がある時にでも持参します!
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-17 08:52
きっしーさん>
面白かったと言っていただけてうれしいです!私自身もセレクトショップ的な本棚が好きなのですが、今後の傾向としてはやはり大型化が主流なのかな…とも思っています。ちなみに私が一箱古本市に出店する時は意識的にある傾向に偏った品揃えにするのですが、これは明らかにセレクトショップ的な函づくりを目指しているからです。秋にはまた出店するので、もしご都合がつきましたらぜひ遊びにいらして下さいね☆ちなみに大型書店の中では新宿のジュンク堂が割合好きで、マルイヤング館でロリ服を一通り流した後(笑)チェックしに出かけることがあります。
Commented by 宇宙ステーション at 2008-04-17 23:05 x
工作舎の本、学生の頃に読みました。由里葉さんの趣向に近い幻想文学ではアラン・ライトマン『アインシュタインの夢』、ミシェル・トゥルニエ『オリエント星の物語』、ジャン・ケロール『海の物語』、シラノ・ド・ベルジュラック『日月両世界旅行記』が心に残っています。
Commented by Wednesday at 2008-04-18 01:22 x
全宇宙誌…不勉強で、まだ見たことがないので、ぜひ拝見したいです!
重いものでないようならぜひぜひ!!

うちで面白い&美しい装丁の本といえば、
A・ラシネ著『世界装飾図集成』の復刻版は美しいですよ~。
(本文に金銀インク、表紙に箔押しと凝りに凝っているのです。)
レアというか、市販されていないものでは、
大学の研究参加者に配布された、
20世紀グラフィックポスター研究本とかはなかなか面白いです。
装飾図集成はなかなかに大型ですが是非お見せしたいところです
(ジュンク堂あたりにいけば、まだ売ってるかもしれませんが…)

僕は持っていないのですが、タイポグラフィ専攻だったので
その専任教授がお持ちになっていた
ヘルマン・ツァップタイプフェイス全集や
グーテンベルグ42行聖書(復刻)等も良かったですねぇ~。
研究室からかっぱらいたい(笑
と日々思っていました。
いや、我慢しましたが…
Commented by fezn at 2008-04-18 08:40
(コメントでは、はじめまして?)
FeZnこと●●●●です。
インタビュウ拝読しました。
……本が欲しくなっちゃうじゃないですかー。

いやはや、いつものことですが敗北感と知的興奮を味わわされます。
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-18 09:44
宇宙ステーションさん>
『アインシュタインの夢』と『日月両世界旅行記』は我が家の本棚に所有済みです。特に『日月両世界旅行記』が気に入っています。おすすめいただいた他の二冊は知らないのですが、特に『オリエント星の物語』が気になっています。今度探してみますね。教えて下さってありがとうございます〜。
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-18 09:53
Wednesdayさん>
タイポグラフィを専攻されていたのですか。私はデザインに非常に興味があるから勉強したいなと思っているのですけど、なかなかそうもいかず…。今度お会いした時はぜひデザイン話しをお聞かせ下さい。一番関心があるのは本の装幀をはじめ紙モノのデザインで、それは今後の自分の創作活動のために必要としている知識でもあります。いいデザインをたくさん見て、刺激を受けたいところです。

『世界装飾図集成』は今度大型書店に出かけた時に探してみようと思っています。あと『全宇宙誌』はそこまで大型ではないので今度持っていきますね。本の小口にアンドロメダ星雲が印刷されていたりするのです。とにかくもう、とんでもない本です。
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-18 09:56
feznさん>
初コメントありがとうございます。本への欲望を掻き立てることができたのなら、それはインタビュー冥利に尽きると思っています。光栄です。あ、あとはてなブックマークに入れていただきありがとうございます。コメントが…ですけどw
Commented by れいこ at 2008-04-18 16:22 x
魅力的な棚を作っている新刊書店さん、なかなか最近見かけませんね。結局日頃は大型書店をうろうろしてしまっていますが、驚きに満ちた出会いには欠けている気がします。(でも、以前住んでいたところのベストセラー中心の小さい本屋さんに、澁澤龍彦の本や筑摩書房の稲垣足穂全集を見かけた時には、店主さんのささやかな心意気を感じました。)京都の恵文社には、一度行ってみたいです。三月書房も面白そうです。
『全宇宙誌』は杉浦康平の装丁から調べて行って、こんな本が!と気づいたのですが、その時には既に絶版でした。縁があってどこかで見つけられたらいいな…と思っています。
キーワードが結びついて、ジャンルを越えて縦横無尽に知の好奇心がリンクしていく、という魅力は、久しく忘れていたものの、私の好きな想像力のあり方でした。久々に『ブックマップ』(うちにあるのははプラスではないのです)を繙いてみようかと思います。

そして、個人的には、池澤夏樹の『スティル・ライフ』には思い入れがあったので、取り上げられていたのは嬉しかったです。私の場合は、人文の方から科学への遠い憧れを誘われたのですが。
Commented by yuriha_ephemera at 2008-04-19 08:53
れいこさん>
インタビューを読んでいただきありがとうございます!大型書店は必要な本を買いに行く分にはよいのですけれど、棚から本との出会いが生まれるには量が多すぎて、見ているだけで疲弊してしまいます。恵文社も三月書房もどちらも素晴らしいお店なので、京都へ出かけられた際はぜひお立ち寄り下さい。

『全宇宙誌』は人気のある本で、最近はプレミア価格になっているようです。れいこさんがこの本との出会いがあるよう、願っております。私は某古書店で、カバーなしとはいえば2500円で巡り会えてその時は飛び上がりそうでした(笑)。あとれいこさんが『スティル・ライフ』に思い入れがあるというのは意外でした。今度池澤夏樹話しをお聞かせ下さいね。『ブックマップ』は我が家にはプラスと合わせて二冊完備しております。
<< ようやく春物終了 昆虫少年からの贈り物 >>
AX