カテゴリ:カフェ・食べ物( 105 )
13日の金曜日の東京散策
2010年8月13日の金曜日、仏滅。Plastic Tree三度目の日本武道館の公演日でした。こういう大きな会場で行われるライブは全国から友人たちが集まり、一緒に東京散策をするのが楽しみの一つです。簡単なライブレポは次のエントリーに回すとして、ひとまずは散策の記録を。

c0077407_15165944.jpg
散策のスタートは吉祥寺から。大好きな文具店36が移転してリニューアルオープンしたとのことで出かけてきました。雑居ビルの2階で、文房具や紙モノを選びながら窓から通りを眺めおろすのはなかなか気持ちがよかったです。前の店舗は雑貨が所狭しと置かれた感じでその宝探し感が楽しかったですが、移転をしてかなり広くなり、見せる空間としてこの場所を使っていくのだろうな…ということが感じられました。これからもちょくちょく遊びに行ってお買い物をしていると思います。

c0077407_15154911.jpg
昼食は同じく吉祥寺の横尾で。前を何度も通りながら入りそびれていたお店だったので、友人に誘ってもらえてちょうどよいタイミングでした。白を基調とした一見ナチュラルな雰囲気はありますが、流行のナチュラルと一線を画す美学が感じられるのは空間作りで、さりげなく置かれたアンティークなどを眺めるのも楽しかったです。恵比寿にあるアンティークタミゼがプロデュースしている空間とのことで、非常に納得。

c0077407_1515560.jpg
丁寧に料理されたご飯が美味しかったし、何より器使いがさりげないながらも素敵でした。ここはカウンター的なテーブル席が多く一人でも入りやすいので、一人で出かけた時入るお店の候補に入れて何度か足を運んでみようと思っています。お店の入り口の奥側、本がずらりと並んでいるあの奥まったところに次は座りたい。

c0077407_15141090.jpg
西荻ではボボリのアイスを食べたり、好きなアンティークショップを巡ったり。こちらは無相創前にて撮影。いつ来てもこのセンスが好きで、心がときめきます。ここの店主さんが作られるライトが欲しくて、今年中に購入をするのが私の目標です。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-08-18 15:19 | カフェ・食べ物 | Comments(0)
カフェ マメヒコ
三連休の後は寒さに逆戻り。風邪が流行っているようで、私もまんまとその流行りに巻き込まれてしまいました…。連休の後に体調を崩し、2日ほど寝込みましたが今は体調自体はほぼ回復しています。ただ喉がやられたままで、特に声が出ない状態なのが頭が痛いです。週末は友人に会う予定でおしゃべりをたくさんするつもりなので…。あと一日で喉は回復するのかしら。とりあえず明日は極力喋らないようにしましょう。

正式発表はまだ先になりますが、GW中に急遽イベントが決まり、そのため慌ただしくパタパタしています。イベント会場は今まで出たことのない場所で、また私も普段から通っているところなのでとても楽しみです。準備期間が短いけど頑張らなくちゃ。こちらのイベントは時期がきたらまた告知しますね。アリスものをメインに据え、今までの定番物もちょこちょこ出せたらいいな…と思っています。

今日は友人と会う約束で雨の中出かけてきました。待ち合わせ場所が渋谷で、どこにお誘いしようかと迷いつつもカフェ マメヒコに決めました。東急本店から少し歩いたところ、UPLINKの近くにあるマメヒコは渋谷で友達と喋りたい時に立ち寄る場所です。ドリンクはちょっと高めだけれど(だいたい750円から900円前後、渋谷価格と考えればまぁ妥当?)、ケーキやビスケットをはじめとするスイーツが美味しく、またお店の雰囲気も好きで喋りやすいので出かけています。

c0077407_2051449.jpg
こちらが今回オーダーしたもの。レモン珈琲とレモンビスケット。デジカメを忘れてiPhoneで撮影したので画像が全体的に荒いですね。。どうやら私が頼んだメニューは劇マメヒコ「檸檬の白い帖」にちなんだ企画メニューのようです。「レモン珈琲ってなんだろう…」と半ば好奇心で頼んだのですが、意外に美味しく、とても好みのドリンクでした。珈琲に生クリームを浮かべ、飲む時にレモンをぎゅっと絞り入れていただきます。レモンの酸味は思ったほど強くなく、むしろ風味づけという感じです。珈琲の香りにレモンの酸味の匂いが加わって、どこか爽やかさのあるよいフレーバーになります。これは家で真似をしてもいいかも。ちなみに写真に写っているのはビスケットですが、見た目はスコーンっぽいです。こちらも素朴な味で好き。

c0077407_20512862.jpg
カフェマメヒコは中央に置かれた大型のテーブルがメインの席となります。お店の中に独立したテーブルもあるのですが、そちらの方が先に埋まるのか私はまだ座ったことがありません。なのでいくつものグループで大型テーブルを囲むことになるのですが、相席的な圧迫感はなく、不思議と話しやすいです。お店の中は静かではないけれど、心地よいざわめきに満たされていて、おしゃべりが弾みます。いつもはもっと混んでいるけれど、今日は雨の平日だったのでさすがに普段より人が少なかったです。なので上のような写真が撮れました。今日は私の喉の都合で短い時間になってしまったけれど、とても楽しい時間を過ごすことができました。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-03-25 21:13 | カフェ・食べ物 | Comments(0)
カフェ アンリ・ファーブル
c0077407_19571921.jpg
本日は所用があって高円寺に出かけてきました。せっかく出かけたのだから、ランチは以前から気になっていたお店にしようと座・高円寺の二階にあるカフェ アンリ・ファーブルへ。カフェ アンリ・ファーブルのことを知ったのは割合最近で、2月に矢川澄子さんの本の展示が行われていた時に行きたいと思ったものの、2月は忙しくて結局出かけることが叶わず…。展示は終わっていましたが、気になる場所だったので立ち寄ってみました。エントランスから水玉があふれています。ポップだけれど配色が重めなせいかそこまでポップすぎず、好きな雰囲気です。

c0077407_19572719.jpg
c0077407_19574466.jpg
そこそこ人がいて隙間的にササっと写真を撮ったのであまりよい感じではなくてすみません。席が80席もあり、天井も高くて広々とした空間です。ピアノやステージもあるからライブなども行われているのでしょう。奥の方には本も置いてあり、一人で来た時に読むのも楽しそう。

c0077407_19575686.jpg
これはランチセットの後で追加で頼んだアップルクランブル。すごくお腹がすいていたので食べ足りなくてですね、ええ(笑)。ここはほどよいざわめきと開放感があるから、一人でもいても人と喋っていてもどちらでも大丈夫な場所ですね。おまけに店内は無線LANが使えるようで、近かったらここに通って執筆作業や考え事をしていたかもなぁ…と思いました。さすがに根津からPCを抱えて通うのはつらいけど。

c0077407_1958380.jpg
以下は私が最近はまっているiPhoneのアプリで撮影した写真です。独特の質感に仕上げてくれるから面白い。最近はこちらでもちょこちょこ写真を撮っています。これは座・高円寺のエントランスで撮影した一枚。丸いテーブルにライトの円が重なって、実態と虚像の入り交じった円の模様がきれいでシャッターを切りました。

c0077407_19582094.jpg
高円寺を出た後は街をふらふらしていました。その時に見つけた本日の戦利品。これは青のボウタイ。最初は黒かなと思ったけれど、このブルーがきれいで好きだったのと、夏に向けてマリンな格好をしたいと思っていたからマリンルックに合うのは青だなということでこちらで。近々色違いの黒も買うと思います。こういうボーイズライクな小物が大好きでついつい集めてしまいます。

c0077407_19583999.jpg
本日の掘り出し物はこれ、地球儀の本立て。現行品でアンティーク風のものが出ていますが、私は風ではなくて本当に古いものが欲しかったので、ずっと買わずに出会いを待っていました。そしてやっと見つけたのがこれ。写真だと質感が伝わらないと思いますが、古い地球儀がとてもいい味を出しています。ずっと探し続けた地球儀の本立てを今日という日に見つけたのも、絶対何かのご縁だと思ってしまいました。実は今日高円寺へ出かけたのはアール座読書館での個展の打ち合わせのため。マスターといろいろ相談をして展示のことが少しずつ決まってきました。個展期間は10月1日から31日までのまる一ヶ月間、最終日の31日の夕刻はNEW ATLANTISで貸し切りをしておしゃべりができる販売タイムを設ける予定です。展示の細部はこれから少しずつ詰めていきますが、半年後の個展に向けて少しずつ動きはじめています。この地球儀の本立ては、この時の備品として使う予定です。個展のために最初に動いた日にこれと巡り会えたなんて、先行きがいいな。というわけで、個展に向けても少しずつではありますが動きはじめています。私の感覚としてはあと半年しか準備期間がないという感じです。コンセプチュアルな展示にするつもりなので、その企画内容を頭の中で転がしつつ、さまざまにイメージを膨らませているところです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-03-18 20:25 | カフェ・食べ物 | Comments(0)
月夜のサアカス
c0077407_16173793.jpg
以前から気になっていたお店、月夜のサアカスに出かけてきました。秋葉原駅から少し歩いた場所にある月夜のサアカスは、濃密すぎないクラシカルな雰囲気でした。SERAPHIMさんのデザインされた制服も、品がよくて素敵。店内の書架にある本や並べられている鉱石やオブジェにある種の嗜好を感じるけれど、広い店内と空間にはほどよく食堂的な気安さもあって、個人的にはそこがとても気に入りました。重厚&クラシカル、または誰かの世界を凝縮したような小宇宙的なお店も大好きですが、時としてその空間の存在感が大きすぎておしゃべりしにくかったりすることもあります。その点この月夜のサアカスはいい意味でそこまで濃厚ではなく、居やすいし喋れるな、と。あと食べ物メニューが豊富で、かつボリュームがあってお手頃価格なのがとても嬉しい。私、かなりがっつり食べたい人なので、喫茶店でご飯が充実しているのはとってもポイントが高いです。友人を誘って出かけるのもいいし、一人でご飯やスイーツを食べに行くこともありそうです。今回頼んだランチセット、紅茶がポットで出てきて三杯分あったのもよかったな。ランチは1000円以下だし、+200円でデザートプレートをつけることができたりと、たっぷり食べたい私好みのメニューでした。今度はスイーツを食べに行こうかな。

月夜のサアカスではNoahさんの人形の展示が行われていました。Noahさんのお人形を見るのは実は初めてだったのですが(見てそうで今まで見ていなかった)、少女性のある顔立ちや気配がよかったです。写真で見るより、実物の方が好きなお人形でした(作家さんによっては逆のタイプもいます)。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-10 16:35 | カフェ・食べ物 | Comments(4)
銀六珈琲「時・・」
今日はお友達のめぐさんと一緒にお出かけ。銀座のレトロビル散策をはじめ、あちこちご一緒させていただきました。今日のメインイベントの一つは喫茶店「時・・」へ連れていっていただくこと。初めて足を踏み入れたのですが、とても素敵な場所ですっかり気に入ってしまいました。

c0077407_2183096.jpg
店内に入ると目を惹くのは一際大きな時計。小学校の体育館で使われていたものだそう。

c0077407_218558.jpg
c0077407_219696.jpg
c0077407_2191664.jpg
この時計ばかりではなく、店内のあちこちに時計や時計部品が置かれていて、時計好きにはたまらない空間に仕上っています。時計の持つ佇まいや存在感が大好きで、こんなにも時計に惹かれるから、私はそのパーツを蒐めて解体し、アクセサリーを作り続けていくのだと思います。アンティークの家具と時計、さらには心地よいジャズが耳になじんで、通いたくなる場所でした。今回はランチをいただいたので、今度はゆっくり珈琲を飲みに行こうと思います。銀座のお気に入りの場所がまた一つ増えました。

c0077407_2192745.jpg
めぐさんは最近coccuruとして作家活動を始められて、お会いすると新作を拝見するのがいつも楽しみです。これは作っていただいたブレスレット。自転車のチェーンを用いたデザインです。私もめぐさんも器械部品が好き、ゴツゴツゴリゴリしたものが好きという点では好みが一致しているのですが、それぞれ自分に合った素材は異なります。私は時計部品など小さく細かいパーツが好みで、それらを樹脂などで封じ込めてしまう手法を用います。それに対してめぐさんは、自転車のチェーンやラジコンパーツ、さらには電球やネジをはじめとするジャンクな部品をそのまま活かした作品を作られます。自分にはできない作風なので、見るといつも刺激を受けます。めぐさんとは以前からお友達で一緒にお出かけしていたのですが、気がつけば二人とも作家活動をはじめていて、最近は創作の悩みや情報交換などの話題が増えてきました。私はめぐさんの革小物も好きなので、こちらの活動も今後楽しみです。このブレスレットは以前イベントの搬入を手伝ってもらった男友達にプレゼントしたこともあるのですが、男性がつけてもかっこいいデザインだと思います。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-01-18 21:30 | カフェ・食べ物 | Comments(4)
鎌倉、茶房雲母
今日はhさんと一緒に鎌倉へ出かけてきました(hさんお疲れさまでした&ありがとうございました)。かなりゆるい観光ではありましたが、仲の良い友達と一緒に街歩きをしたりおしゃべりをしつつ甘味を味わうのは私の至上の喜びの一つです。11月は半ばまでは修羅場で、それ以降は体調不良でダウナーになってしまっていた私ですが、このところようやく気持ちをリセットできているような気がします。鎌倉の古道具屋で12月の展示に使うのにぴったりな什器を見つけることができたのもなにげに収穫だったな。月曜以降は体調優先で放置していたコメントやDM関連の作業にようやく取りかかれます。あとDMのお申し込みをさっそくいただいていて嬉しいです。はじめてから日が浅いtwitter経由でも結構申し込みが来ていて、twitterすごいなーと素直に思いました。私なんて決してtwitterをアクティブに使っているユーザーではないんですけどね。DMのお申し込み、引き続きお待ちしています!

c0077407_22203178.jpg
5,6年前の一時期鎌倉にはまっていたことがあって観光…というよりは食べ歩き目当てで何度か訪れたのですが、その時の記憶を頼りに久しぶりに茶房雲母に行ってきました。ここは注文が入ってから茹で上げるピンポン玉大の白玉が名物なのですが、この白玉が本当においしいのです。

c0077407_22204162.jpg
私が頼んだ白玉あんみつです。見て下さい、この白玉を。写真からもツヤツヤでプリプリ感が伝わると思いますが、芯まで柔らかくてもっちりした白玉は絶品だと思います。鎌倉の甘味処はそこまで詳しいわけではないのですが、個人的に案内するとしたらここかなと思います。ここは白玉はもちろんですが、お盆には生花が添えられていて、甘味と一緒にぼうじ茶とお新香が出てきて、さらに最後にはこぶ茶がサービスされるという細やかな心遣いもとても好きです。鎌倉という場所、さらには味等を加味すれば白玉あんみつが700円というのは非常にお得な値段設定だと思います。ほぼ朝食抜きで出かけてお昼前に食したのですが、お昼ご飯がしばらくいらないほどお腹が一杯になりました。白玉一個にボリュームがあるし、おまけにこんなにぎっちり入っていますからね。白玉は脇役ではなく、まさに主役です。鎌倉の中でお勧めの甘味処と言われれば、私は真っ先にここ茶房雲母を挙げます。大好きなお店です。人気店なので、時間によっては非常に混んでいるかもしれません。

今回は行けなかったけれど、鎌倉はミルクホールという喫茶店も有名でここは雰囲気込みで好きな場所です。チーズケーキセット、また食べたいな。私の中の鎌倉マップは基本食で出来上がっていて、いろいろな場所や方向をほとんど忘れているのに美味しいものの場所だけは忘れていないあたり非常に浅ましいなと思いました(笑)。ちなみにこのところストレスがひどすぎて、その影響で食べ物に走ってかなり太ってしまって自分でもやばいと思っているのですが、なかなかやめられない…。でも今の状態はいくらなんでもまずいのでもっと節制しないとダメだな。こういうエントリーに書いているあたり、全然説得力がないですが。。。全部をやめるのは無理だし甘いものは日々の疲れを和らげてくれるので、ほどほどに楽しんでいきたいものです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-11-29 22:50 | カフェ・食べ物 | Comments(2)
行動記録
もう11月ですね。早い!そして寒いっ!いよいよ冬の到来です。こうも寒暖の切り替えが激しいとさすがに調子を崩しますが、でも基本的に11月12月は大好きな季節です。空気が澄み、そして頭も冴える。このところしんどい状況が続いていて今も修羅場中ですが、好きな季節に突入したので少しずつ気持ちが上向きになって余裕が出てくればいいなぁと思っています。

c0077407_8564110.jpg
c0077407_8565657.jpg
c0077407_857497.jpg
最近の行動記録。維新派「ろじ式」に出かけてきました。写真は会場のにしすがも創造舎に出現した屋台村。維新派は野外に舞台装置を作り上げ、そのスペクタクルを用いたパフォーマンスを行うのが特徴ですが、今回は舞台は室内ではあるもののこのように外には屋台村が作られていました。屋台村は前回の琵琶湖公演に引き続き二度目なのですが、とても楽しいです。ご飯も所謂お祭りの屋台のようなぼったくり価格ではなく、おまけに食べ物もちょっとエスニックが入った無国籍料理風で気に入っています。上の写真は屋台村の風景、二枚目は気になった看板、三枚目の写真はラムココア(という名前だったかな?)、維新派の名物らしい飲み物です。琵琶湖公演の時は結構体調がグダグダで会場に着いた時点で死にかけていたのですが、屋台村のあったかいお汁粉に救われたという思い出が。今回のラムココアもあったまってよかったなぁ。他にはタイ風豚丼を食べました。

「ろじ式」の感想をしっかりまとめている余裕はないですが、この公演はとても評判がよいですし、また私も近年の維新派のなかでも非常によい作品の一つだなと思いました。まずは舞台装置、これがもう最高でした。60cm×60cmの立方体の中に骨格標本をはじめとするオブジェが納められ、それが600個積み上げられるという、壮大な博物館的・標本的な空間が出現していました。会場に入った時点で舞台外に装飾的に配置されている骨格標本が目に入り、それだけでテンションが上がる。あの舞台装置で完璧に持っていきますよね。「ろじ式」という作品はストーリー性が希薄で、その分維新派という演劇集団の持つ特異性がシンプルに浮かび上がる構造になっていたと思います。オブジェなど物により執着する私と言葉遊びをはじめとする言語遊戯に関心が深い友人との間では「ここが一番よかった」というところはおそらくズレていて、それがまた面白いなと思ったり。いずれにせよ両者とも「今回の公演はよかった」という点で意見は一致しました。私はオープニングの「標本迷路」や「地図」、あとは「海図」あたりがオブジェ的・無機質的なカラーが強く出ていて自分好みかなと思いました。でも「可笑シテタマラン」のところは言葉のリズムと女性たちの動きが組合わさって、これも維新派のすごさだなと思いました。神戸旅行に出かけた時に大阪まで行ってもう一度見るか、それとも神戸観光に専念するか迷うなぁ…。。。

c0077407_858763.jpg
10月末に母親が上京してきたので、妹を含めて一緒に上野で美術展観賞。「皇室の名宝」にギリギリ滑り込み。3日までなのです。若冲の「動植綵絵」目当てで出かけたけれど、見れてよかったです。すごい人で流してしまったところも多いけど、やっぱり「動植綵絵」は素晴らしい。大迫力。国立博物館の後は湯島の厳選洋食さくらいへ。店内はほどよくモダンで明るい雰囲気で、人気店らしく混んでいました。お値段はちょい高めですが、とっても美味しくて大満足。写真は今回頼んだビーフシチューセット(3500円)。今度はオムライスを食べに行こうかな。

c0077407_8582093.jpg
11月1日は女子三人でお出かけ。友人の友人を紹介してもらう…という感じでゆるやかに輪が広がっていって、その繋がりがまた面白い。また一緒に遊んで下さいね〜。名前を忘れてしまったけれど、こちらのガレットのお店でランチをしました。他には表参道にあるアンティーク着物のお店「ギャラリー川野」を見たり、一緒にラフォーレを覗いたり、おしゃべりをしたりと楽しい一日でした。私の不手際&時間切れでパピエラボに行けなかったのが残念。ラフォーレでは久しぶりにJaneを見てナポレオンジャケットを取り置きしてしまいました。大物やっちゃった、でもとても素敵だったんだもの。修羅場が一段落したら迎えに行くと心に決めて、それを励みに今頑張っています。

c0077407_8583939.jpg
c0077407_8585410.jpg
DM配布のために高円寺に出かけてきました。こちらのアール座読書館にも置かせていただきました。来たらもちろん何かドリンクを頼んで、空間の雰囲気に浸りつつしばし読書タイム。今回は初めてこの席に座ったのですが、ここは個人的にかなり好きな場所かも。目の前に小さなアクアリウムが作られていて、その小宇宙の中をゆらゆら泳ぐ魚を眺めていると心が落ち着きます。DMは他にも同じ高円寺で、少年展の時にお世話になったギャルリーJuilletにも置かせていただきました。行った時はちょうど「不思議の森の洋品店」の最終日で、Fairy Wishのお洋服の展示会が行われていました。やっぱりドールブラウスがかわいいなぁと思いつつ、Janeでの爆買いがあったので自重しましたが。また昨日はcafe SAYA宛にDMを発送させていただいたので、おそらく今週末のルーチカカフェの時から置いてあるのではないかな…と思っています。ルーチカカフェはこのところ皆勤だったのですが、今回ばかりはもう修羅場がどうにもならなくて諦めました。。DMは郵送での配布も行う予定ですが、上記の場所で一足先に御覧いただくことができます。見かけましたらぜひぜひお手に取っていただけると嬉しいです☆
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-11-03 09:38 | カフェ・食べ物 | Comments(2)
結構人ミルクホール
久しぶりに不忍通りをぶらり。気がつけば最近は中央線をはじめあちこち歩き回っていたのに、自分の住む谷根千散歩をしていないことに気がつきました。遠出をする気力がない日は近所をふらふらするだけでもいい気分転換になります。今日は、結構人ミルクホールにケーキを食べに行ってきました。

c0077407_172547.jpg
c0077407_17251664.jpg
結構人ミルクホールは千駄木にあるのですが、細い路地の奥にひっそりとあるお店です。ここもアール座同様、おしゃべりするためではなく、読書をしたり静かに過ごすための空間です。

c0077407_17252625.jpg
レトロな店内には、懐かしの歌謡曲が流れています。古本も売られていて、私が行った時は岡崎京子の漫画が100円でずらりと並んでいてお得でした。買えばよかったと今更後悔(笑)。

c0077407_17253826.jpg
この結構人はチーズケーキが有名で、それを目当てに出かけたのですが、なんと品切れでした。12時15分過ぎ開店のお店に13時過ぎに行ったのに、もう売り切れているなんて。。。といささかがっくりしつつガトーショコラを頼んだのですが、このガトーショコラもものすごく美味しかったです。さくりと軽い食感だけどしっとり濃厚なショコラの味がして、大変好みでした。ベタベタに甘いザッハトルテも好きだけど、こういう軽さもあるショコラはほっとしますね。珈琲などもこだわっていて、飲み物はお値段はやや高め(600円〜700円くらい)だけどとてもいいお味です。出てくるのに時間がかかるので、ゆったり待てる時に行くのがお勧めかも。チーズケーキはぜひトライしたいし、ここの味は好きなので、一人になってぼおっとしたい時にでもまた出かけることにします。ガトーショコラもやみつきになりそう。

結構人ミルクホールを出た後は、よみせ通りや谷中銀座をブラブラ。この雰囲気が好きだし、特にあてもなく歩き回るだけでも楽しい。10月は散歩にもよい季節だし、谷根千散策がてらぜひ一箱古本市に来ていただけると嬉しいです☆あと昨日くらいから、久しぶりに樹脂作業をはじめました。AC11が終わって以来、本業に忙殺されてアクセ関係のことは全くやっていませんでした。これからまた、素材の実験をしたり、水面下で作業を進めて新作を発表できるようにしたいなと思っています。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-08-26 17:39 | カフェ・食べ物 | Comments(0)
週末は中央線!
土曜日は西荻&高円寺に出かけてきました。まずは西荻にて、子羊舎の打ち合わせ。打ち合わせを兼ねつつ、スタッフ特権であれこれ商品を見せていただいて物色。今回はビスクドールの手のパーツなどを一山購入しました。手のパーツは先日のAC11に出品したネックレスに使用したものです。個人的にもあのデザインは気に入っていたので、パーツがたくさん手に入って嬉しかったです。というわけで、あのネックレスは今後も細々と制作を続けていこうと思っています。落ち着いたら、まずは自分用のを作りたいな。子羊舎は来年の二月に鉱物をテーマにしたイベントを企画していて、こちらもとても面白いものになりそうです。乞うご期待☆

c0077407_22253748.jpg
子羊舎打ち合わせの後は高円寺に移動して、ハチマクラで開催されている「ハチマクラ紙モノ市&チャルカアジ紙バザール」へ。16日まで開催されているそうです。今回はとりあえず、切手を購入。宇宙切手だと思われますが、なぜかネズミが…。。うーん、これはどういうシチュエーションなんだろう。ライカ犬とかは知っていますけど、このネズミはなんだろう。よくわかりませんが、どことなく愛嬌があったので、買ってしまいました。ハチマクラは一周年だそうで、これからも紙モノ好きとして足繁く通おうと思っています。

c0077407_22254820.jpg
ハチマクラの後はアール座読書館へ。空間全体のよい写真が撮れませんでしたが、おしゃべりをするためではなく、本を読んだり考え事をしたり、一人の静かな時間を過ごすための場所です。初めてここを訪れた時からこの空間の持つ雰囲気に魅了されてしまいました。読書室には静かな音楽が流れ、水槽の音がコポコポと心地よく、時を告げる古めかしい時計の音が鳴り響く。ぎっしりと本が並んだ棚、一人一人のための机。本当に落ち着いて安らげる、素敵な読書空間です。

c0077407_22263980.jpg
どこに座ろうか迷って、水槽のある席にも惹かれつつ、今回はとりあえず万華鏡の席へ。窓際で、ふと目を下にやるとそこは高円寺の路地なのに、視線を右にやると別世界で、その狭間感が楽しい。

c0077407_2225586.jpg
万華鏡は机の中に仕込んであって、その秘密めいた感じ、そしてカラクリっぽさが楽しいです。私もかつてはかなり万華鏡を集めていたのですが、最近は全然触っていないことに気がつきました。今度棚の奥から出してこなければ。

まだかなり先の話になってしまいますが、来年の秋にアール座で展示を行いたいなと思っていて、水面下で少しずつ動いています。とはいっても正式に決定するのはわりと直前になりそうなので、正式告知はまだまだ先になります。でも私は前持って企画を立てて、じっくり時間をかけてイベントの準備をするのが好きなタイプです。だから今から少しずつでも動いて、準備を進めていくつもりです。しっかり時間をかけて念入りに準備したイベントは、やはり納得のいくものになります。私は数はこなせないけどその分一つ一つのイベントには思い入れがあるので、アール座での展示もたっぷり時間をかけて練っていきたいな、と。そんなわけでまだだいぶ先のことにはなりますが、この展示についてはほんのりと頭の片隅に留めておいていただけると嬉しいです。とりあえず今年の秋は10月10日の根津の一箱古本市にて、NEW ATLANTISの世界をお見せできればと思っています。本の仕入れもじわじわ進めていて、いろいろ取り揃えていますよ。やはり少年少女をコンセプトに、そこにレトロ要素や宇宙などなど、私のセレクトで選んだ本をお手頃価格で放出します!本の紹介は10月になったら始める予定です。こちらも楽しみにしていただけると嬉しいです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-08-08 22:58 | カフェ・食べ物 | Comments(8)
スコス・歩粉
ブログを長らくお休みしてしまいました。本業がらみで忙しく、かなり消耗していました。まだ修羅場は終わっていませんが、とりあえずある件は一区切りついたので、ようやくここで呟ける程度の精神的余裕が戻ってきました。結局疲れきってしまってあんなに楽しみにしていたサマソニ初日に行けなくてかなり凹んでいますが、しょうがないかなぁ。サマソニは、非常に残念な出来事でした。

c0077407_914190.jpg
c0077407_915347.jpg
とりあえず、リハビリを兼ねてブログを更新できなかった間に撮った写真などを。忙しくて遠出できなかったある日、文具欲を発散させるために出かけたスコス。本郷にあり、日常行動圏の範囲です。とても小さいお店ですが、今ちょうど必要としているものが置いてあったり、個人的には使えるお店だと思いました。近いから、またたまに覗くことにいたしましょう。

c0077407_92341.jpg
c0077407_921498.jpg
c0077407_922531.jpg
c0077407_923544.jpg
こちらは恵比寿に出かけた時に入った「歩粉」。カフェ本によく載っているのでかなり前から名前だけは知っていましたが、入ったのは初めてでした。こちらは外観&お店の一角の写真です。店内はナチュラルな感じ。お店の雰囲気はよかったです。

c0077407_941094.jpg
今回頼んだのはスコーンセット。写真+ドリンクで1200円でした。個人的にはスイーツセットは1000円までという金銭感覚なので、1200円というは高く感じました。スコーンはざっくりどっしりとした味で、自然な粉にこだわっている感じ。意外にお腹にたまりました。軽食と考えれば、1200円というのは高くない…のかも。。スコーンに添えられているのが生クリームだったこと(スコーンにはクロッテッドクリームをつけたい)、あとはジャムやハチミツの量が少なくて、たっぷりつけたい自分にとってはこのあたりは不満だったかな。頼めばジャム類は追加してくれるのだけれど、最初からたっぷり添えてある方が自分としては食べやすいです。てか写真見直して思ったけど、スコーンの大きさに対してやっぱりジャム・ハチミツの量が少ないですよ。粉の味を味わってほしいというコンセプトのあらわれなんですかねぇ。お店の雰囲気は悪くないし、人がかなり入っていたので人気もあるのだろうなという感じでしたが、自分的には全体的に高いかなぁ。もう少しお手頃な価格のところで、ストーレートに甘いスイーツを食す方が気分かも。でも気になっていたお店だったので、こうして入れてよかったです。

この写真以外でも暇を見つけては外出していて、上野の骨董市では理科っぽいアイテムをゲットしたり(集めているちっちゃな顕微鏡に新しい子が加わりました)、町田の骨董市で初めてアンティーク着物を買ってみたり(アンティーク着物目当てでしばらくは町田の骨董市に通ってみようと思っています)、そんな日々を過ごしていました。あ、あとストレスが爆発してお洋服買っちゃいました。でもJaneの秋物ではなく、今さらエミキュのギンガムチェリーJSKですが。色はブルーです。ちょっとカントリーテイストが入っていて、それもあって発売当初は見送ったのですが、後でじわじわ未練が出てきてしまって結局手に入れてしまいました。またそのうち写真を撮って紹介したいと思っています!
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-08-08 09:28 | カフェ・食べ物 | Comments(0)
AX