<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
告知*一箱古本市助っ人のお知らせ
正式な告知が遅くなってしまいましたが、5月3日の一箱古本市は助っ人(ボランティアスタッフ)として参加します。去年の秋に初めて店主として出店し、改めて面白いイベントだなと実感した一箱古本市。準備がいろいろとスローな私は毎回店主参加は無理なので、春は助っ人として関わろうと前々から心に決めていました。(5月3日の大家・店主リストはこちら

c0077407_20601.jpg
当日私がお手伝いをする場所はファーブル昆虫館「虫の詩人の館」です。心は理科少年な私としては興味津々な場所で、大家リストを初めて見た時から「絶対ここにする!」と希望を出していました。

c0077407_2063269.jpg
この写真を撮影した当日は閉館でした。私のデジカメは広角が弱くて、ダメな写真ですみません。広角好きとしてはせめて28mmのレンズくらいな感じで撮影したいですわ…。実は私もまだ中には入ったことがないので、当日空き時間にでも見学に行こうと思っています。ファーブル昆虫館は3箱出店があるのですが、だいこんの会でお世話になっている岡崎武志さんもここに出店されます。それぞれの店主さんがどんな本を出品されるのか、私もとても楽しみです。

c0077407_2065046.jpg
私は13時から終了時間の16時まで助っ人としてファーブル昆虫館にいます。たぶん朝イチも少しお手伝いをしていると思いますが、こちらはすぐ離れる可能性があるので上記の時間が確実かと。助っ人として参加なのであまり長くはお話できないかもしれませんが、会場で見かけましたらどうぞ気軽に声をかけて下さいね。昆虫装備で(笑)お待ちしております。

c0077407_207081.jpg
こちらは27日の一箱古本市での戦利品。プライヴがあったのでかなり絞り、結局購入した本は二冊だけでした。鴨沢祐仁『クシー君の発明』@トンブリン:月兎耳堂、氷室冴子『マイ・ディア』@林檎文庫。狙ったわけではないけれど、蓋を開けてみれば少年・少女な組み合わせに。クシー君は説明不要かと思いますが、『マイ・ディア』についてはちょっと解説を。氷室冴子さんの私的な回想が織り込まれた、翻訳ものの少女小説(氷室さんは本の中で「家庭小説」という言葉を使われていますが、私はとりあえず「少女小説」と呼びます)のガイドブックで、非常によい本だと思います。私にとっては少女小説ブックガイドを語る時にはずせない一冊になりそうです。この本で知った『リンバロストの乙女』に興味津々なので、今度はこの本を探そうと思っています。

話しがずれますが、氷室冴子さんは10代の頃に読んでいた懐かしい作家さんです。世間的には『なんて素敵にジャパネスク』『ざ・ちぇんじ!』あたりが代表作なのでしょうが、実は私はどちらも未読です。ジャパネスクは漫画の方は読みましたけどね。私が読んでいた作品の中で印象的だったのは『銀の海 金の大地』、あとは『海がきこえる』でしょうか。一方は古代転生ファンタジー、もう一つは高校生そして大学生の恋物語という両極端ですが、どちらも好きだったなぁ。特に『海がきこえる』はある意味トラウマ小説です。地方都市に住んでいた少女はこの本を読み、「そっか、大学生になって上京すればこんな恋やキャンパスライフが待ち受けているんだ」と大いに勘違いしました(笑)。当然現実はそんなはずはなく…。そういう幻想を抱かせたこの本はある意味トラウマ小説だよという話しを以前ある方としたなぁ。これも懐かしい思い出です。氷室冴子さんは私の故郷北海道出身で、大学は札幌の藤女子大です。久しぶりに氷室モードが高まり、彼女の最初の本でありまだ未読の『白い少女たち』を注文してしまいました。コメディではなくシリアスな少女小説との評判です。届くのが楽しみ。

c0077407_2071110.jpg
といわけで長くなりましたが、ゴールデンウィーク真っ最中の5月3日はぜひ一箱古本市においで下さいませ。ファーブル昆虫館にてお待ちしております。ちなみにこの写真はファーブル昆虫館へ行く道すがら見つけて撮影した看板。文字がいい感じです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-30 20:45 | 活動の記録 | Comments(16)
多忙、かつ楽しい日々
ブログの更新が久しぶりになってしまいました。最近は忙しくも楽しい日々を過ごしています。東京散策をして赤坂BLITZでワンダフルワールドという名前の遊園地の閉園を見届け、さらに友達とカラオケに出かけたりマックでだべったり…。一人の時は作品のための買い出しをしたり、部屋で作業をしたり。今日で四月は終わり。明日からはいよいよ狂騒の五月の幕開けです。

c0077407_9353850.jpg
cさんと一緒に歩いた東京の記録。26日は高円寺・荻窪・西荻、27日は本郷そして谷根千。写真は高円寺のninniというお店の外観。高円寺とは思えないロマンティックで瀟酒な雰囲気の漂うお店で、中には女の子が好きそうなものがたくさんたくさんありました。ナチュラルで甘く、優しいテイストの洋服や雑貨たち。隣のカフェtoo-tickiも美味しくてよかったです。

c0077407_9355355.jpg
西荻窪の物豆寄は私が初めて西荻に出かけた時に入った喫茶店で、大好きな場所です。いつ入っても変わらない時が止まったこの空間。

写真は二枚だけですが、他にもたくさんたくさん素敵な場所を見て回ることができました。そしてプライヴについてはまた後日。明るいライヴでしたね。メンバーが楽しそうで仲良さそうで、それが何よりでした。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-30 09:51 | 雑記 | Comments(0)
ようやくプラ三昧な日々
今日明日と赤坂BLITZでPlastic Treeツアー2days公演が行われます。ようやくプライヴに行ける日ですよ、長かったですよ。新曲をライヴで聴くのが楽しみだわ〜。この二日間はライヴはもちろん、友達のcさんと一緒にみっちり遊ぶ予定を立てているので、それもまた楽しみです。充実した二日間にしたいと思っています!ちなみに27日は一箱古本市ですが、私はcさんと一緒に一般客として遊びに行きます。本当は27日前に一箱の正式な告知を行いたかったのですが、時間がないので28日以降になってしまいそうです。すみません。

c0077407_7504617.jpg
話しはかわって、昨日も某所で資料集めをしていたのですが、こんな本も買いました。1976年にサンリオ出版から発売された『ローズマリーの人形』。テキストは詩人の白石かずこさん。

c0077407_7511060.jpg
表紙の写真はそんなにいいと思いませんが(かあいいけどさ、ちょっと無難)、中身は少女+人形の組み合わせで撮影された写真満載でとても好みです。きれいな美少女美少女した写真より、個人的にはこういう雰囲気の方が好きだな。

c0077407_7512397.jpg
数は少ないけれど、少年装好き向けの写真もあります。この本は200円で掘り出しましたが(ほくほく)、これは行くところに行けば結構高い本だと思います。他にも理科っぽい本も見つけたし、いろいろと収穫のあった一日でした。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-26 08:08 | 雑記 | Comments(0)
最近食べたおいしいもの
ストレス解消は食べるに限ります(もちろん、全然減量できていません)。というわけで、最近食べたおいしいものの記録。

c0077407_0134773.jpg
これは相方と一緒に出かけた新宿の高野フルーツパーラーで頼んだイチゴのプレート。高野はそんなに頻繁に出かけないのですが、気がつけば毎年春には出かけているようです。苺モノを食べている記憶ばかりだなぁ。

c0077407_0135736.jpg
こちらはmさんにいただいたスコーン。中目黒で買われたというopatocaのもの。ほろほろとした素朴なスコーンで、一つだけでも結構お腹にたまるところが大食いの私にはうれしい。ぱくぱくと何個でも食べたくなる、シンプルなおいしさに病み付きになりました。スコーンは本当はもっといただいていたのだけれど、写真を撮る前に私に食べられてしまい、これが残った分でした。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-25 00:20 | カフェ・食べ物 | Comments(2)
はじめての手作り
少年展に向けての買い出しの日々が続いています。何ができるのかもわからないので、とりあえず買い出しで素材集め→部屋で試してみる→その後検討重ねつつさらに買い出しというひっじょーに能率の悪いことをやっています。少年展ばかりではなく他にもやらないといけないことがあるし(レジュメとかレジュメとかレジュメとか。。。)、頭が痛くなってきました。うーむ。。。

c0077407_19585168.jpg
最近はそんな感じで手を動かしつつ悩んでいる日々なのですが、少年展のことだけ考えているとしんどいので息抜きにアクセサリーを作っています。といっても手先が不器用な私がやることですから「接着剤で貼る」とかそういうレベルですけど(笑)。手作りをすると自分の好きなエッセンスをぎゅっと詰め込んだものを作れるのはいいですよね。これは自分で作ったリングです。私に手作りなんて絶対無理と思っていたけれど、やってみると結構楽しい。ああ、はまっちゃいそう。他にも作りたいものあるから、今度パーツの買い出しに行こうっと。とまぁこんなわけで、微妙に少年展の作品作りから逃げている状態です、とほほ。いい加減気持ちを切り替えて集中しなくては。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-24 20:04 | 手作りアクセ | Comments(8)
ようやく春物終了
ここのところ暖かいので、積読ならぬ積服の山を少しずつ崩しています。私は毎日Janeを着る生活をしているので買った服を着ないということは絶対ないのですが、春物と秋物の入荷は季節を先取りしすぎでなかなかおろせなかったりするのです。着ていない服の山が出来ていくのが微妙に憂鬱だったのですが、これでようやく罪悪感から解放されそうです。さ、明日もまたひらひらした甘い服を着てちっともスイートではない日常業務をこなしていかなきゃ。

c0077407_20163359.jpg
ようやく春物の最後の引き取りをしました。ドンルのプルオーヴァーです。今日さっそく着たのですが、たぽっとしていてカジュアルでかわいいです。色の組み合わせも好み。薄手で透けるので、中にキャミソールは必須です。手持ちのボトムスと相性がよさそうなので、今シーズンは着倒していると思います。夏はカジュアルに着れる服が好きなので、こういうのにハーフパンツとかかなりラフな装いが多いです。その分個性的なアクセサリーをつけて、平凡になりすぎないようにしています。

c0077407_20165858.jpg
これは夏物。楽しみにしていたドンルのハンカチコレクションシリーズのドレスです。色はこの写真ほどはっきりしていなくて、写真よりは彩度は低めです。Janeの花柄のドレスの方がかわいいよなぁーと思いつつ、三十路間近という己の年齢も考慮してあえてドンルを選びました。欲望のままに買うとかわいいJaneばかりになってしまうので、今後はドンルのワンピも増やしていきたいなと思っています。相方に「マタニティ」と言われたシルエットですが、私自身はとても気に入っています。キャミとかと合わせて着たらリゾート風かも。ただ私はそんな露出度高いコーデはできないので、最低でも半袖ブラウスを合わせて着ることになりそうです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-22 20:37 | Jane Marple | Comments(0)
告知*工作舎「本の仕事人」にインタビュー掲載
**このエントリーは一週間ほどトップ表示させておきます**

工作舎のサイトに連載されているコンテンツ「本の仕事人」にインタビューが掲載されました。Oさんに続き工作舎ファンその2として、読者の視点から工作舎や本について語っています。10代の頃に出会って以来工作舎の本は常に知的好奇心に刺激を与えてくれる存在でありました。そんな憬れの工作舎からインタビューのお話をいただけて、本当にうれしいです。工作舎のサイトは「賢治と鉱物」をはじめ、連載コンテンツも大変充実しています。ぜひインタビューを合わせて御覧になって下さいませ。話しの中心が科学ですが、ご存知の方もいる通り私は現在人文系の領域で研究を行っています。しかし、私の出発点はまぎれもなくこの「科学精神」なのです。私の中にはいくつも矛盾する要素が混在し、それは連続でありまた非連続でありつつ知的好奇心という軸に貫かれ、断層のように積み重なって<由里葉/もしくは別な名前を持つわたし>という存在を形成しているのです。そんな私の今までの曲がりくねった歩みがインタビューの中に詰まっている気がします。また科学ばかりではなく、最近は書物と人との関わりについてもよく考えています。本と人とが交差する場に対する想いは日増しに強くなっています。インタビューの注釈の中にも触れてありますが、春の一箱古本市は助っ人として参加する予定です。こちらの件はまた改めて告知いたします。

c0077407_1858434.jpg
私の本棚にある工作舎本の一部を積み上げてみた写真です。もちろんこれが全部ではなくてまだまだあるのですが、ぱっと目についたものを並べてみました。写真だけではわかりにくいと思うので下から書き出してみると松岡正剛『遊学の話』、『遊』第一期第二号、『遊 野尻抱影・稲垣足穂追悼号』、『全宇宙誌』、『ムットーニの不思議人形館』、ジャック・ロジェ『大博物学者ビュフォン』、荒俣宏『大博物学時代』、『日本の科学精神2』、津島秀彦+松岡正剛『二十一世紀精神』、『20周年記念出版 ブックマップ』、稲垣足穂『人間人形時代』、荒俣宏+松岡正剛『月と幻想科学』、レオ・レオーニ+松岡正剛『間の本』、レオ・レオーニ『平行植物』、ロレンス・ダレル『予兆の島』です。……ああ、なんだかとっても偏ったセレクションですね。工作舎の本の中でも、特にある一部の方向に偏っていますよね。さらっと選んだだけなのに、私という人間の内面が如実に現れているラインナップになってしまって少々恥ずかしいです(笑)。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-22 19:33 | 活動の記録 | Comments(12)
昆虫少年からの贈り物
日曜日はmさんと一緒にお出かけをしてきました。美味しいガレットのお店や黒色すみれライヴなど盛りだくさんだったのですが、これについての詳細はまた後日。今日は一緒にウィンドーショッピングをしたラフォーレで買物をしたものの紹介です。

c0077407_1829182.jpg
ラフォーレB1にあるアクセサリーショップの前を通りかかったところ、本物の昆虫を用いたアクセサリーが展示されていて思わず引き寄せられました。torquata(トルクアータ)のデザイナーさんが先日立ち上げられたニューブランドobenthueri(オーベンチュール)の商品が先行発売されていました。オーベンチュールのアクセサリーは、本物の昆虫を樹脂で封じ込めたデザインがベースになっています。値段もトルクアータに比べるとお手頃で、商品を見て個人的にはかなりお勧めなブランドだと思いました。個性的なおかつお値段がインパクトのわりに結構手頃。虫が苦手な人にとっては絶対ダメなデザインでしょうが、私はそれなりに平気だし、何よりその美しさに魅せられて思わず一つ購入してしまいました。私が身につけるとしたらオーベンチュールの中ではきれいめなデザインを選ぶしかないけれど、クワガタをはじめ、男性に似合いそうなものもたくさんありました。いいなぁ、似合わないから買えないけどこういうのも好き。

写真に写っているのが私が購入したものですが、実は改造したもので本当は携帯ストラップでした。ブレスレットにしたくて、余分なパーツを取り除いて勝手に改造を施しています。でもこれもなかなかよくないですか?もとがブレスレットではないのでちょっとゆるいのですが、それもまぁなんとか許容範囲です。もうちょっと工作のテクニックがあれば小さいパールを3つほど取り除いて長さを縮めたらよいのでしょう。これは今後の課題ということで。昆虫という理科少年アイテムにパールという女の子らし素材が加わって、なんとも私好みのバランスが形成されています。これは5月3日の一箱古本市の日に身につけていきたいと思っています。私の希望が叶っていれば、この日は「虫」に関係する施設でお手伝いすることになっているのです。正式な連絡がまだ来ていないので告知が遅くなってしまって申し訳ありませんが、4月27日そして5月3日はぜひ一箱古本市にいらして下さいね。店主一覧はこちらです。(私が手伝うのは5月3日のみです)4月27日5月3日不忍ブックストリート協賛企画もたくさんです!
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-21 18:54 | アクセサリー | Comments(8)
少年展DM発送のお知らせ
少年展に関するお知らせです。本日DM希望とご連絡いただいて方にDMを発送させていただきました。本当は個別にご連絡を差し上げたかったのですが、現在いろいろと取り込んでいる状況で手が回らず、ブログでの告知のみになりそうです。申し訳ございません。コメントにDM希望と書き込んで下さった方の中で、M.Y様(イニシャルです)、YU様からまだ住所のご連絡をいただいておりません。こちらから一度メールをお送りしたのですが、ひょっとしたらスパム扱いされてしまった可能性があります。DMは確保していますので、お手数ですがもう一度master●yuriha.netまでご連絡いただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

c0077407_914615.jpg
少年展といえば、亀のような歩みで製作を進めています。これは「こんなイメージのオブジェが作れたらいいよな」というラフ画を兼ねてざっくり画像を作ってみたものです(クリックすると画像が大きくなります)。サーカスなはずが、結果的に学芸会の舞台という雰囲気になってしまいました。他にも何枚かコラージュ画像は作っています。ただここで問題があって、私はPCやウェブ歴は長いからHPに表示する画像としてはそれなりに納得のいく物が作れても、それを立体やオブジェとして表現することが現在のところ全く上手くできないのです。コラージュオブジェを出展したいのですが、やはりモノの壁は厚いなぁ、と。。。現在ため息をついている毎日です。他にもやらないといけないことがあるからかけられる時間も限られてきてしまっているし、うーん前途多難。そもそもモニタで見た画像の仕上がりと実際にプリントアウトしたものでは違いがあるし…。今まではウェブ用の画像しか作ってこなかったので印刷物はまだ苦手です。モニタでチェックしてよしと思っても印刷すると納得いかなかったりして、印刷に弱いのはかなりつらいです。ちなみにアップした画像は静止画よりもカタカタ動いていた方が面白いかなと思います。少年展が終わったら、いい加減Flashの勉強をしたいです。うん、ようやく今ならFlashに取り組めそうな気がするよ。しかしまずは少年展。当分は己の力量に凹みつつも這うように前進していかざるを得ない毎日です。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-19 09:26 | 活動の記録 | Comments(6)
理想のマカロンを求めて
Plastic Treeのツアーファイナルのチケを一枚譲っていただけることになりました!!ご連絡下さったM様、本当にありがとうございます〜。M様には今までストレイテナーやエルレガーデンのライヴチケでもお世話になっていて、私がチケが取れなくて困っている時にいつも助けていただいている気がします。完全に諦めていたファイナルのチケを一枚確保できてとりあえずほっとしているのですが、もう一枚お友達の分を探しています。引き続き募集中ですので、お手元に余らせている方がいらっしゃいましたらご連絡いただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

c0077407_0421073.jpg
先日「さすがにこの体型はまずいだろう…」と自覚をしたため、現在減量中です。ダイエットじゃないの、減量よ減量。「減量」という即物的な言葉の響きが結構気に入っています(笑)。とはいえ、ストイックすぎるのは息が詰まるので時折お菓子も食べています。……このあたりの甘さが本当に自分でもダメだと思います、はい。写真は先日購入したピエール・エルメのマカロン。オブジェっぽく撮ってしまって、おいしくなさそうで申し訳ありません。ピエール・エルメといえばついこの前リプトンのペットボトルとコラボしたマカロンストラップが記憶に新しいですね。乙女系界隈なのか、ものすごいブームが吹き荒れていましたけど、私は興味本位で一つ買ってみて「ふーん」と思った程度です。相変わらず天の邪鬼だな。。。値段が段違いな分当たり前ですが、やっぱりQ-pot.の方が精巧でかわいいしなーと思ってしまうのです。

さて、そのピエール・エルメのマカロン。食べてみた感想ですが、………うーん美味しいといえば美味しいけれど私好みのマカロンではないな。私はさくっと軽いマカロンが好きなのです。ピエール・エルメのはねっとり濃厚な感じ。写真に写っている中では左下のものが味が一番好きだったけれど、こってり濃厚な甘みで正直マカロンに求めているテイストではなかったし。というわけで個人的にはピエール・エルメのマカロンのリピはなしかなというところです。今まで食べた中で一番好きなのは、下高井戸のノリエットのマカロンです。カリっとさくっとしていて、すごく好き。あとなにげにスタバの季節限定、桜味のマカロンがすごく気に入ってます。最近スタバに入るとこのマカロンとコーヒーという組み合わせが多いです。季節限定だから、なくなる前に食べまくらなきゃ!……というわけで結局あまり減量ができていないわけです、はい。。ほんとにダメな子。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2008-04-18 01:00 | カフェ・食べ物 | Comments(2)
AX