<   2009年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ラフォーレセール
日記が止まっていてすみません。生きてます、一応。でも相変わらず脳内修羅場中です。こいつ頭悪すぎてマジ殺したい…というのが現在の本音ですが(嗚呼、殺伐してる。。。)、馬鹿でも諦めずによろよろと前に進んでいくしかないのでしょう。スピッツの「運命の人」が最近の心の応援ソングです(このPVシュールで結構お気に入り)。「アイニージュー あえて 無料のユートピアも 汚れた靴で 通り過ぎるのさ 自力で見つけよう 神様」。あと修羅場中は何かに堕ちる確立が高いのですが、今回もまんまと堕ちました、陸上長距離走に。。。一年前の箱根から薄々そんな予感はしていたんですけどねぇ、今年ので一気に深みへ…。今では普通に「陸上競技マガジン」を熟読する人になってしまいました。いやフィギュアならなんとなくわかるんだけど、陸上長距離に行くかって感じですよね。我ながらびっくり。実業団は今のところ興味がなくて、見ているのは大学生メインです。フィギュアは…今年はちょっといろいろつらすぎて、小休止かもしれません。バトルとランビエールの引退にはじまり高橋君の怪我、ジュベールも不調だし、おまけにウィアーはナショナル5位でワールド落選。頭ではわかっているのですが、心が世代交代の波についていけていません。来シーズン以降はたぶん吹っ切れて今まで通りのスケヲタに戻れるから、今年は少し距離を置いておこうと思っています。

c0077407_2043350.jpg
前置きが長くなりましたが、25日はお友達のhさんと一緒に原宿&青山デートでした☆数少ない息抜きの機会は目一杯遊ぶようにしています。この日はラフォーレセールをはじめ原宿のお店をいろいろ回れたし、ずっと気になっていた青山の書斎館にも行けたし(今度書斎館にはインクを買いに行こうと思っています)、とても楽しかったです。hさんありがとうございました!そしてラフォーレセールは自重と思っていたのに、結局カードを切りまくっていた私。おほほ、修羅場が片付いたらゴリゴリ働きますわよ。Janeではプロパー時から狙っていたドンルのワンピとニットをゲット。あとはアトリエピエロでスカートとブラウスを購入。ラフォーレ以外ではBaby Ribbonのセールでエミキュのネックレスをゲット。上の写真のもの、香水壜ネックレスです。子どもの頃に持っていたおもちゃのような外観にノスタルジーを感じて思わず買ってしまいました。こういうおもちゃっぽいアクセをさらりとつけこなしてコーデしたいな。ちなみに背景に使っているのはJaneの春物のDMです。さっそく予約品が入荷したとの連絡があったから、山場を越えたら引き取りに行かなきゃ。

30日はいよいよプライヴです。この日もいろいろな方とお会いする予定なので、ライヴはもちろんのことそちらも楽しみにしています。さ、プライヴを心置きなく迎えられるように本業をがんばろー。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-28 20:18 | その他お洋服 | Comments(2)
ビスケット柄ワンピース
相変わらず一杯一杯な日々です。ここが勝負どころなので、逃げずにきっちり向き合っていきたいと思っています。今は家か大学かという感じで、あまり他のことを考えている余裕がなく、連絡も滞りがちで本当に申し訳ないです。

c0077407_18444816.jpg
引きこもりだけれど、気分転換にネットではちょこちょこ買物をしています。ネットって便利ですよね…。ネットないと絶対私生きていけない。これは最近買った中でも手に入ってうれしかったもの、Emily Temple cuteの春物のビスケットワンピース。雑誌spoon.に載っていて最初はスカートがいいかなぁと思っていたけれどご縁があったのがワンピでした。でもワンピにして正解だったかも、めちゃめちゃかわいい!写真だと地の色が白っぽく写っていますが、実物はもっと黄色がかったクリーム色なんですよ。地の色が少しくすんでいるから、ポップなものが苦手な私でも大丈夫な配色でした。結構ハイウエストのAラインなので、スパッツなどと合わせるか、もしくは黒いサテンリボンをベルトがわりにしてウエストを絞って着ようと思っています。このワンピを見て一気にテンションがあがりました。春になったらこれを着てお出かけしたいから、今は遊びたい気持ちをぐっと押さえて頑張るんだ〜。がんばれ私。それにしてもこのワンピにはメロメロです。本当はバッグも欲しかったわ。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-24 19:00 | その他お洋服 | Comments(0)
修羅場中です
現在修羅場中です…。ブログにコメントをいただいているのに、お返事ができていなくて申し訳ありません。あと数日お待ち下さいね。そしてメールでの諸連絡も激しく滞っています。。。本当にすみません。こちらも近日中に必ず。ちなみに風邪ですが、咳がまだ少し残っているものあらかた回復しました。お見舞い書き込み、ありがとうございました。このところ一杯一杯ぎみなので、励まされました。

c0077407_14534127.jpg
2月末までは本業に集中する…と書いた舌の根も渇かぬうちに何をしてるんだという感じですが、先日ついに爆発してモロモロを投げ出して部屋でアクセを作っていました。修羅場中のアクセ作りはもはやお約束(苦笑)。こういう時の方がいろいろ溜まっているせいか、するするっと作れてしまうものです。写真は作ったものの一部、一点もののブローチです。右は私物化してしまいましたが、左は通販の時に販売します。右は文字盤の上に時計部品を配置しているだけですが、あえて異物として錆びた大きな螺子を紛れ込ませたのがポイントです。アクセントになってくれて、リズムを崩している感じがよいかな、と。錆びた螺子は大好物。他にも一点ものはいくつか仕上げているので、たまにはいいよね…と言い訳をしつつ売り物にせず自分用に確保しました。左は結構力作です。パズルのように隙間なくきっちりパーツを埋め込んでいく作業が面白かったな。器械部品のハードさを残すために、あえて樹脂で封じ込めずにむき出しのまま仕上げてみました。器械嗜好症、スチームパンクな世界が好きな方におすすめ。オブジェ的な面白さのあるアイテムだと思います。

先日スケジュールをアップしておきながらいきなり変更もどうかと思いますが、2月の日帰り京都をやめてその分4月にある某アクセイベントにエントリーしてみようかな…とぼんやり考えています。でも3月末に自分のところの通販でしょ、5月に某企画展でしょ、その間の4月って大丈夫かな、スケジュール破綻しないかな。せっかくだから挑戦してみたいし、でもスケジュール的にかなりギリギリになるし、あと4月のイベントをこなせる分だけアクセの素材を充分に集められるかが心配だし…。素材集めの手間&作品作りのペースが早くないことを考えると、参加はちょっと賭けだよなぁ。でもせっかくだから挑戦してみたいよなぁ。などなど、修羅場の合間にグルグルと脳内シュミレーションをしつつ、今後の予定を探っています。ギリギリまで悩んで、でも挑戦の気持ちでエントリーが今のところの感じかな?しかし本業の合間にこれって、私確実に精神的マゾだわー。予定を詰め込むのが決して好きなわけではないのですが、結果的にキツキツにして自分で泣く羽目になります。。。

レポを書いている余裕はないですが、1月17日のスピッツ、楽しかったです!スピッツはいいバンドよねぇ。分厚い音というか私がバンドの音としては最も好む重低音バキバキな感じではないのですが、ドラム・ギター・ベースのバランスがよくて、そしてマサムネのあの声で、聴いていて安心感があります。曲も名曲が多いし、スピッツええバンドや〜と思いました。41歳でもマサムネのハイトーン少年声は健在ですね。ものすごく上手い人ではないかもしれないけれど声もピッチも安定していて、声も喉も強いんだなぁと感心しました。やっぱり安定して歌えるボーカルはいいですよねー。いや、竜太朗好きですけど、もちっと安定して歌ってくれたら…と思わんこともないので。全体的にマターリ見ていましたが、トンガリ'95以降の8823、俺のすべての三曲の流れはアガりました。トンガリ'95とか今回はやらなかったけどラズベリーとか、かわいくてエロいマサムネの歌詞はいいよねと同行者の友人と意見が一致。でもスピッツの曲で一番好きなのは寂しげで美メロな曲かな。結構たくさんありますよね。ライブで聴いて改めていいなと思った曲が多いので、久しぶりにスピッツの音源をがっつり聴き直したい気分になっています。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-21 15:30 | 手作りアクセ | Comments(2)
風邪悪化中。。。
先日引いた風邪がまだよくなりません…。むしろ悪化の気配?睡眠時間確保して栄養とってもこもこな格好で極力無駄な外出も控えているというのに、なぜここまでずるずる長引くのでしょう。。。今年の風邪は手強いのかしら。熱は出ていませんが喉と鼻がずっと調子の悪いままです。咳で体力を使うのか、体もだるくて調子があがりません。今日はこれからスピッツ@埼玉なのに、こんなボロボロな状態で出かけるのか、とほほ。私自身の調子も悪いですがプリンターまで壊れてしまい、寒中見舞いをいまだ発送できていません。申し訳ないです…。この調子だといつプリンターのことを対処できるかわからないので、メールでお返事という形になってしまいそうな予感がします。嗚呼、情けない。

そんな不調な日々の中、お買い物だけはゆるーく続けています。エクサントリークではセールになっているコルセットを、あとは近所のガラクタ屋で頭蓋骨(もちろん本物ではなくレプリカ)を手に入れました。エクサントリークのコルセットは少しずつ集めているのですが、まだ一度もプロパーで買ったことがなくてすみませんという感じです。それにしても買って写真をアップしていないものが溜まってきたな。

c0077407_9441546.jpg
薄々予想はしていたことですが、現在本業のことにかかりきりで趣味のことには全く手が回っていません。以前「できれば一月中にきらら箱に商品を追加」云々と書きましたが、やはりこれは無理で、3月になってから3月末の自分の通販に向けて作りだめしておく…という状態になりそうです。なので次の通販はやはり3月末までお待ちいただくことになります。今年は趣味の活動も充実させるつもりなのですが、スケジュール的に1月2月は「趣味のことはやらずに本業に専念」と決めているので、これはもう仕方ないかな、と。その分3月の時はがつんとたくさん販売したいと思っています。ちなみに品切れになっていたブックマークですが、思いがけず別なお店から買うことができましたので、また再販します!ブックマークは自分でもとても気に入っているし定番商品にしていきないなと思っていたので、パーツがまた手に入って本当にうれしいです。やはりどこで何が出てくるかわからないので、情報収集はマメにしておかないとダメですね。今回はとりあえず100個買いだめしておいたので、しばらくは大丈夫かな。3月末の通販ではブックマークをたくさん出したいと思っています。

c0077407_9443967.jpg
これは最近手に入れたパーツ。アメリカ軍のカボションです。写真ではわかりづらいと思いますが、実はすごく小さいものです。なので主役ではなく脇役パーツですが、このデザインがとても気に入っているので、何かと組み合わせてそのうち使えたらな、と。かわいらしいデザインのカボションが多いなか、ミリタリーテイストが面白くてまとめ買いしてみました。基本的に甘いデザインよりこういう方が私は好みなんですよね。まぁ今年はもうちょっと少女テイスト、ロマンティックな雰囲気のアクセも作りたいなぁとは思っていますが、私の本質がおそらく「少年性」なので、本能のままにやるとどうしてもこっち系にいってしまいます。少女系アクセはぼんやりとしたコンセプトのもと素材集めは一応進めていますが、実際形になるまではもう少し時間がかかりそうな気がします。というわけでアクセ制作は全くできていませんが、こんな感じで水面下ではゆるゆる素材集めをしています。私の場合素材集めの時点であらかた勝負は決まるようなものなので、これはじっくり時間をかけたい作業です。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-17 10:21 | 雑記 | Comments(6)
公開型2009年の抱負、計画表
今更感がありますが、2009年の目標や抱負を書いておきます。公開型メモの方が覚えておく…というかちゃんと守りそうな気がするので、考えているところを一通りざっくり書いておきます。乱雑なメモ書きですみません。

2009年の目標はシンプルに「生活の立て直し」、これに尽きますね。去年はもう本当に大変で、心身ともに擦り切れていてしんどい一年でした。ネガティブで病んでいるから当然体や生活はおかしくなるし、そんな己の不甲斐なさを自覚しているからこそ余計自分自身に苛立ってさらにネガティブ回路へ…という悪循環をずっと続けていたような気がします。やめようかもう諦めようかと思いつつそれでも投げ捨てることなくなんとかここまで来たのは、ひょんなきっかけで始めた創作活動やイベントが心の支えになったからのような気がします。年が明けてさすがに気持ちが切り替えられたので、これからはもう一度いろいろなことときちんと向き合っていきたいです。研究と創作の二本立てでいくと決めたから、どちらも大切にしつつやっていきたいな、と。今年は部屋で過ごす時間をたくさん作って、本業でも趣味でもちゃんとアウトプットをして成果をあげていける一年にしたいと思っています。

部屋で過ごす時間を増やすといっても外に出なくなるわけではなく、そこはあくまでメリハリです。外に出かけていろいろな物を見たり人と会ったりするのは刺激だし心の養分になります。そういう時間はちゃんと確保するつもりです。でも、今年は「自分の活動を優先に」という気持ちを忘れずにスケジュールを管理していかなければと思っています。今年一年は「成果を出していく」ことが至上命令な一年なので(いろいろと崖っぷちなのです。。。)。ということもあり去年ほどはたくさん遊べないかもしれないけれど、その分人と会った時はその時間をたっぷり楽しみたいです。外に行くといえば、去年はいろいろなことで一杯一杯すぎて美術館にあまり行けませんでした。見たかった、気になっていた企画を悉く逃してしまい、さすがに反省しています。なるべく情報はマメにチェックして、計画的に展覧会に出かけたいと思っています。

以下はランダムに目標ややりたいことなど。ほとどんメモ状態。
☆デジタル一眼レフを買う
今後の活動を考えると、そろそろ機材投資をするべき時かと。今のところカメラの候補はCanonで、標準レンズは買わずにボディのみ手に入れる。レンズはタムキュー、あとは広角〜中望遠のズーム。とりあえずこんなシステムを考え中。そのうち余裕ができたら魚眼も欲しい。お金をためて、今年中になんとしてもデジタル一眼レフを手に入れよう。

☆旅行
2月…日帰り京都。
3月…2泊3日で名古屋。ブックマークナゴヤ、一人驚異の部屋訪問、名古屋巡り、人と会う。
6月…神戸。ずっと行きたかった憧れの神戸。なぜ6月か?深い意味はないが、あえて挙げれば「六月の夜の都会の空」というフレーズにインスパイアされて?2泊…かな。
8月下旬から9月上旬くらい?…札幌帰省。もしプラが夏ツアーをやるならそれに合わせて調整するかも。あと札幌帰省のついでに函館旅行にも行きたい。札幌ー函館間の往復を考えると、函館から東京に戻ってきた方が楽そう。

以下未定だけど行きたい場所
・岩手…去年も出かけたけど、友達がいるし何より遠野を見なければ。問題はいつ行くか。
・松本…秋以降時間が取れたら一泊で小旅行。松本もずっと行きたかった場所だ。

☆あれこれ
・運動と美容と減量…もっと自分自身の外見に自覚的になりましょう。
・ファッション…いろいろなジャンルに挑戦する、手持ちの札を増やす。Janeからは離れられないし離れるつもりもないけれど、今年はもう少し他のブランドを取り入れるなどバラエティを増やすように。毎日楽しくお洒落をしましょう。
・プラ…去年通り、まったりのんびりファンを続ける、見続ける。
・演劇・伝統芸能…まだ見たことがない文楽と能に行きたい。今年の維新派はどこで何をやるのか。結局遠征?あと初宝塚も目標。演劇は興味を持ったものを幅広く。とりあえず「春琴」はチケを確保済み。
・着物の着付け教室…行きたいけど、今年は無理だろうな。来年の目標か。
・読書…ちゃんと本を読む。最近の私は本も読まず、頭が悪くなるばかり。
・PC関連…CSS、Flashをマスター。InDesignの基本的な使い方を覚える。
・部屋の片付け…妹が夏に就職活動のため居候するので、それまでには人の住める環境に(汗)。創作の資材が山のように増えていくから、そろそろ昔のいらないものを捨てていく時期なのか。

頭の痛いことや悩みも多いけれど、それに過剰に縛られることなく、2009年もほどほどにフットワーク軽く、楽しく過ごしていきたいと思っています。良い出会いや刺激に恵まれ、充実した一年になりますように。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-12 19:45 | 雑記 | Comments(6)
東京のセールはハンパない
三連休初日。東京のセールを覗きに行きました。札幌でもそれなりに買物をしたけれど、そこはやはり東京のセールも見ておかないとね…などと言い訳をしつつお出かけしました。が、しかし。渋谷PARCOそして新宿マルイヤング館と二ヶ所を回ってみても、欲しい・買いたいものが何もない。普段から好きなブランドや機会があれば買いたいと思ってチェックしているブランドは結構あるのでここぞとばかりに回ったのですが、もう本当に何もよいものがない。先日までいた札幌ではこの時期になってもセールでよいものがそれなりに残っていたのに、東京の商品の回転のハンパなさに唖然としました。なんかもう敗北感で一杯(笑)。

一瞬すごすごと引き上げようかと思いましたがせっかく買物モードなのに手ぶらで帰るのは悔しい、絶対欲しいものを見つけて買うんだと意気込んで横浜へ。横浜まで出かけてやっぱり空振りだったら余計ダメージが大きいのではないかと思いましたが、経験上横浜はよいものが残っているので賭けてみました。渋谷と新宿でいい加減ヘトヘトになっていたので横浜はマルイしか見なかったのですが、無事狙っていたものを買えたのでホクホクでした。やっぱり関東圏だと横浜は穴場だわ。横浜Janeで無事狙っていた靴、あとFRAPBOISではカジュアルなんだけどかわいいパーカーをゲット。とりあえずJaneの靴の写真だけ撮りました。ここ最近購入してまだアップしていないJane以外のブランドの服はそのうちまとめて写真をアップしたいと思っています。

c0077407_2049739.jpg
先日購入したレオパードの色違いです。真っ黒に写ってしまうので、珍しくフラッシュを焚いて撮影しています。50%オフだったので、二足でプロパーのお値段でした。特にこの一足は色が好きでプロパーで買おうか迷っていたので、セールで手に入れることができてよかったです。季節もののデザインだからセールにかかる確立が高いな…と思って泳がせていました、しめしめ。サイズによってはそれが難しいかもしれませんが、私は靴がSなので結構セールで巡り会う確立が高いです。MやLがなくてもSだけ残っていることが多いので、最近靴は完全にセール狙いになってしまいました。エナメルと布の切り替えが個性的で、でもJaneの服となじみがよくて、本当にかっこいい靴です。レオパードもタータンも、大切に履いていくことにします。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-10 21:07 | Jane Marple | Comments(10)
北大B級土産
札幌に帰るといつも買物モードになってしまうのですが、服や雑貨などはもちろんのこと、お土産を買うのも毎回の楽しみです。これはお土産というよりは自分の楽しみのために買ったものがほとんどですけれど、結構面白かったのでブログでも取り上げたいと思っています。タイトルにB級なんてつけてしまったけれど、ガチで真面目に企画して作っている商品でしょうし茶化してしまってすみません…という感じです。でも突っ込みどころ感というかネタ的な笑いって大学グッズの愛嬌だと思うのですよね〜。逆にうちの大学なんて産学連携が上手すぎて、商品のクオリティが高くて、普通によいものばかりだからネタ的な要素が皆無ですからね。ま、生協の奥の方に売っているTシャツとかそういうベタなものは結構ベタですけれど、でも近年発売しているものは企画やコンセプトも面白いし商品もよいし、「商売上手だなぁ」と思わせられるものばかりです。それはそれですごいけれど、隙がなさすぎてちょっとつまらない。というわけで北大では嬉々としてあれこれ買い込んでしまいました。

c0077407_9174915.jpg
北大饅頭。土産物の定番のおまんじゅうという直球です。二種類の味が入っていて、右がかぼちゃ味、左が白餡。白餡の方のデザインですが、北海道の中に北大の二文字という愚直なまでのストレートさがたまりません(笑)。ネタ的にはこちらの方が面白いけど、お味はかぼちゃの方がよかったな。かぼちゃはとても美味しかった。かぼちゃ味のお饅頭は北海道っぽくてよいですね。

c0077407_918932.jpg
ティッシュ。現役北大生によるデザインらしいです。全学部のイラストが描いてあるみたい。なぜにティッシュ…と思いつつもついつい買ってしまいました。裏にはなぜか北大面白用語が。ジンパ(シンギスカンパーティー)ならわかるけど、ジュージャン(ジュースじゃんけん)って何よと思ってかつて北大生だった相方に聞いてみたらちゃんと知ってました。「ジュージャンじゃんけん、じゃんけんぽん!」ってやるんだよと教えてくれたけど、そんなカルチャーが北大にはあるんだ(笑)。知りませんでしたわ。ジュージャンについては下でももう少し触れます。

c0077407_9181683.jpg
フンコロガシ飴。かわいらしいタッチで描かれたフンコロガシのイラストつきのポーチの中には、まるくて黒い飴が。これ一歩間違うととてもアレな商品だと思うのですが、かわいらしい絵に救われていますよね。よいしょよいしょとやっているフンコロガシが超ラブリー。個人的にはとても気に入っていますが、あげる人を少々選びそうな品物です。

c0077407_9182656.jpg
北栗(ほっくり)。表に描かれているのはクリーク博士。くだらねぇ(笑)。中は普通の剥き栗です。裏には北大ジャンケン用語集が。買った時は「なんでジャンケンの用語集なんだろう。。。」と意味不明だったのですが、相方からジュージャンのことを聞いて一応腑に落ちました。でも本当に北大生ってこんなことやってるの?それにしても北大グッズを見ていると歴史と伝統を求めてついついクラーク博士に行き着いてしまう、その不器用さがおかしいようなもどかしいような、そんな微妙な気分になります。確かに象徴的な人物だとは思うけど、他にも面白い人や歴史的人物はたくさんいると思うのですよね。クラークばかりをモチーフにするのは勿体ないなぁと部外者ながら勝手に思っています。

c0077407_9184043.jpg
クラーク博士の珈琲。インスタントドリップだし、手軽に使えるからいいかな、と。ダサいデザインが萌えツボで思わず買ってしまったのですが、家に帰って開けたところひっかける部分がヒトガタになっていて爆笑。淹れるとこんな状態に。いい湯だな〜♪珈琲の味はよかったです。

c0077407_9185181.jpg
などなどちょっとダサくて変で、でもどことなく愛おしい北大土産を紹介してきましたが、もちろん普通によいなと思う商品もあります。その一つがこれ、BUSHIDO CARAMEL。新渡戸稲造の武士道の初版本を模した缶ケースの中にはキャラメルが。新渡戸稲造は札幌農学校出身なのでこういう商品が生まれたのでしょうね。缶のクオリティが高く、小冊子も入っていて、古書好きな方に差し上げると喜ばれるお土産です。あと以前散々配ったので今回は買いませんでしたが、札幌農学校クッキーもレトロなパッケージがかわいくてお勧めです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-10 10:04 | voyage | Comments(2)
弥永北海道博物館
c0077407_0392067.jpg
7日の記録の続きです(でも時事系列は逆で最初こちらに出かけました)。Mさんと待ち合わせて最初に向かったのは弥永北海道博物館。北18条駅から徒歩数分のところにある私設博物館です。弥永芳子さんが集められた資料を展示する私設博物館を開館したのは1985年のこと。ここのことは今まで全く知らなかったのですが、Mさんのお誘いで出かけて本当によかったと思えた場所でした。化石や鉱物、貨幣、砂金、そして郷土史の膨大な資料が展示されている、素晴らしい私設博物館でした。

c0077407_0394049.jpg
入ったすぐのところに展示されているのは美しい世界の鉱物たち。普段自分が買うのは小さな石ばかりなので、博物館でボリュームのある美しい結晶を見るのは楽しいです。

c0077407_0395055.jpg
c0077407_040117.jpg
一枚目は一階の全景、二枚目は展示の一部を撮影したものです。北海道の化石や鉱物をはじめ、たくさん展示品があり石ヲタの血が騒ぎました(笑)。ここは私設博物館ながら資料や展示空間のクオリティが素晴らしく高く、これには本当に驚きました。私設博物館にありがちなゆるさが一切なくて、ストイックなまでのその姿勢がすごいな、と。収集されている資料の学術的価値も高く、これが個人の私設博物館なのか…とただただ驚くばかりでした。現在この博物館を作られた弥永芳子さんという人物に急激に感心が高まっています。とりあえずネット上で記事を見つけたので、自分用メモとしてはっておきます。

c0077407_0401273.jpg
c0077407_0402279.jpg
2階には貨幣の展示もありました。私は子供の頃からなんとなくコインが好きで現在もアクセサリーの素材として用いていますが、弥永北海道博物館は鉱物と貨幣という自分の好きなものが両方展示されているのが出かけたいと思ったきっかけでした。コインもいろいろ展示されていましたが、とりあえず自分が面白いと思ったものを紹介します。一枚目は陶貨。終戦直前に作られたものの、敗戦によって未発行に終わったというものだそうです。陶器の貨幣というところに時代性を感じますね。陶貨が発行されようとしていたこと自体私は全く知りませんでした。二枚目は説明がなかったのでよくわからないけれど、面白かった外国の貨幣。切手貨って見た目が完全に切手ですよね。こんなものもあるのかー。

c0077407_0403386.jpg
郷土史に関心がないわけではないのですが、やはり鉱物や貨幣に比べると食いつかないのかわりとさらさらっと展示を流してしまった気がします。でも北海道や札幌の歴史についてもっと知りたいなぁとは思っているので、時が来れば結構文献を読み漁るのではないかと。これは北海道らしくて思わず写真を撮ってしまったもの、鮭皮の靴です。

c0077407_0404529.jpg
おまけ。Mさんに撮っていただいた写真で、展示品を覗き込んでいる私。これは確か砂金関係のものだったような。弥永芳子さんは砂金の著書もあるようです。機会があれば読んでみようかしら。北海道にいる間はよくこの帽子をかぶっていました。ドンルのもふもふ帽、リアルファーであったかです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-10 01:11 | voyage | Comments(0)
創成川イーストアンティーク巡り
Mさんと一緒にお出かけした7日の記録です。いつも一緒にお出かけするアンティークショップ十一月やカバシマヤは狸小路8丁目近辺に固まっていて定番コースになっているのですが、新しいお店も開拓してみたくて創成川方面に出かけてきました。現在創成川イーストと呼ばれてるエリアで、ここはもともとは創成川が物資を運ぶルートとなり、二条市場をはじめ非常に賑わい活気のある商業地区でした。とはいえそれも昔のこと、創成川を渡った向こうは特にはっきりとしたイメージのない、あまり行かない場所として札幌市民に認識されていたと思います。しかし創成川のバイパス化計画により再開発が進み、このあたりは創成川イーストとして脚光を浴びています。素敵なショップやカフェが増え、若い人が好みそうなお洒落な地区に生まれかわりつつあるようです。……ということを私はつい最近知りました。今まで札幌に帰省しても、創成川方面には全く興味はなかったですからねぇ。雑誌で情報を知り、特に私の興味を持っているアンティーク・ガラクタ系のお店を中心に見てみようと出かけてみました。

c0077407_8241698.jpg
最初に行ったのはGeneral Antiques UNPLUGGED。雰囲気としてはシャビーかつインダストリアル、甘過ぎない品揃えがかっこよかったです。アンティークというよりはブロカントなセレクトですね。男性向けの古着も目を見張るくらいたくさんありました。ミリタリーテイストなものが中心なのかな。とてもセンスのよいお店だなぁと感心しました。ただ値段はそこそこよいというかジャンク好きな私の基準とは折り合わないものが多かったので、見ているだけになるかなぁ…と思っていたらうっかり掘り出し物に出会ってしまいお買い上げ。東京までの送料が1800円もかかったけれど、それを考慮してもお買い得だったから後悔していないもん、手に入れてよかったもん。購入した商品はいつかそのうちイベントでお目見えすると思います。

c0077407_22322488.jpg
General Antiques UNPLUGGEDの後は「36号線」という変わった名前のアンティークショップへ。天井の高い空間に並べられた家具や雑貨たち。いろいろなものが混在して独特の雰囲気を形成しています。今回は見るだけで何も買わなかったけど、なんとなくここでなら面白いものが買えるのでは‥という予感を持ちました。札幌に住んでいたらちょこちょこ覗きに行っていただろうにと思うと残念です。ものすごく大雑把に分類すれば、うちの近所のEXPO系のお店かと。

c0077407_22332122.jpg
こちらのRealismはミッドセンチュリー家具をメインに取り扱うショップです。このお店が入っているのは大正2年に建てられた木造の町屋造りの建物だそう。なので部屋がたくさんあり、見回るのが楽しかったです。ミッドセンチュリーメインだけどレトロ系もありました。二階にはずらりとミッドセンチュリーの家具が並んでいて壮観(階段が急でギシギシいうので上り下りはちょっと怖かった)。ミッドセンチュリーのデザインは見る分には好きなんですけど、自分のインテリアとしてはたぶんダメでやっぱり好みはレトロなのですよね。モダンではなくノスタルジックなものに囲まれている方が落ち着きます。でもデザイン自体は好きだから、こういうお店が近くにあればきっと通うと思います。モダンな小物をアクセント的にインテリアに取り入れるのも面白そうだし。それにしても札幌の方がインテリア関係で物欲を刺激されるのは、私が東京でお店を開拓していないからなのかそれとも価格の問題なのか…。

こんな感じで今回はさらりとアンティークショップを回っただけですが、創成川イースト、夏に帰省した時にはもうちょっとじっくり探検しに行きたいと思っています。日が落ちて冷え込んでからこのあたりを歩き回ったので、とても寒かったけど出かけた甲斐がありました。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-09 23:13 | voyage | Comments(0)
登別
c0077407_19592885.jpg
5日6日の記録です。叔母と二人で登別の一泊旅行に出かけました。登別は地獄谷をはじめ温泉で有名な場所です。札幌からはJRで一時間ぐらいと道内の中では比較的近場で、子供の頃に一度家族と一緒に出かけたことがあるなぁ…とぼんやり思い出しながらJRに乗っていました。子供の頃は温泉なんて退屈だったし、やたらときつい硫黄の匂いばかりが記憶に残っていますが、この年になるとのんびり温泉旅行が好きになりました。登別駅に着くと、さっそく熊がお出迎え。ああ北海道だなぁ…と思う瞬間です(笑)。それにしても北海道の土産物屋や骨董屋に行くと必ず木彫りの熊がありますが、あれを今でも買う人はいるのでしょうか。

c0077407_1959436.jpg
c0077407_19595754.jpg
c0077407_200832.jpg
泊まったのは滝乃家という旅館。創業90年を過ぎた老舗旅館ですが去年の8月に建物を立て替え、リニューアルオープンをしています。旅館ではあるもののインテリアや空間づくりにモダンなセンスが取り入れられていて、心地よいラグジュアリー感がありました。老舗旅館にありがちな過剰な華美さはあまり好きではないので、こういう雰囲気はとても素敵だなと思いました。泊まった部屋も部屋数が多く、露天風呂もついていて、ゆったり気分で過ごしました。本当は部屋の写真も撮りたかったのだけれど、私のデジカメは広角にとことん弱くて部屋の写真は諦めました。上にアップしているのは1階にあるラウンジの風景です。ガラス張りで日射しが明るく、なごめる場所でした。本物の薪を使う暖炉があり、夜はここでお酒をいただきながら楽しくおしゃべりしました。パチパチはぜる炎の色と音は郷愁を呼び覚まします。かつて曽祖父母が暮らしていた家にはペチカがありました。今でも残っているその家には私の一族の過去の遺物、商売の道具や家具家財が詰まっているので、いつか機会があればもう一度見に行きたいものです。たぶん譲り受けたい家具がたくさんあると思うのですが、今の住まいだと狭くてこれ以上家具を増やすことができないので、あえて行かないようにしています。見たらきっと欲しくなってしまうでしょう。大きな古時計や猫足のテーブルや椅子、そんなものを並べられる広い部屋に引っ越すことができたら…なんてそんなの夢のまた夢ですね。

滝乃屋はお料理も有名なのですが、少しフレンチが入った和食料理は噂に違わずとてもよかったです。温泉は最上階と地下、さらに部屋つきの露天風呂があり、いずれも水質が違います。私は最上階の雲井の湯が一番好みでした。乳白色で硫黄の匂いもきつくなく、とても肌当たりのよいなめらかなお湯でした。ボディーローションをつけなくてもお肌がしっとり。体も温まるし、やっぱり温泉はいいですね。これから北海道に帰るたびに温泉に出かけてしまいそうな予感がしています。

c0077407_2001845.jpg
のんびり温泉旅行が目的だったのでほとんど観光はしなかったけれど、何も行かないのは寂しいので登別マリンパークに行きました。水族館とディスニーランド的なテーマパークを融合させたような施設です。魚類を展示しているニクス城を中心に見回りました。冬の水族館は人気がなくて、物悲しくて、決して嫌いではありません。とはいうもののお客は少なく、それも海外からの観光客ばかりで相当がらんとしていましたが…。魚や海月などいろいろ写真を撮ったけれど、あえて抽象度の高いこの一枚をアップ。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-01-09 20:40 | voyage | Comments(4)
AX