<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
子羊舎イベントについて
またまた久しぶりのブログ更新になってしまいました。このところずっと本業の作業に追われ、心身ともに疲弊した毎日でした。今朝ようやく提出物を出したのですが、カレンダーを見るとイベント前日…。だだでさえ疲労で限界なのに、あまりの準備の出来ていなさに目眩がして泣きそうです(笑)。今夜は(今夜も)作業で寝れないや。ちなみに本日はプラのファイナルですが、明らかに行けないので友人にチケを譲ってしまいました。今回のツアーは初日金沢だけですよ(涙)。消化不良すぎる。

当初の予定ではスチームパンク系のアクセサリーを充実させてイベントに…などと考えていたのですが、本業に追われて作業ができず、全然作れませんでした。本当に申し訳ないです。今回のイベントははっきりいってNEW ATLANTISはみるところはないと思いますが、作ったものを少しだけ紹介いたします。12月のAC11にいらしていただいた方には新鮮みのない品揃えです。すみません…。まともに写真を撮る余裕もなくて、こういう画像で誤摩化し。iPhoneのアプリで撮りました。

c0077407_19352447.jpg
c0077407_19353610.jpg
唯一の新作。3月20日より京都ではじまるアリスイベント(詳細は後日アップします)に合わせて、今後アリス的な新作をたくさん作っていく予定です。今回は今まで発売していた古写真ネックレスシリーズで一つ作ってみました。3月になったら多少落ち着く予定なので、アクセ制作に時間を割きたいな。

c0077407_19354661.jpg
さすがに見にくいので普通の写真を。このネックレスについては、納品時にまた改めて紹介したいと思っています。ベースになっている画像はコラージュです。少女の手にもトランプがあり、トランプ度が高めとなっています。


c0077407_19355996.jpg
懐中時計のネックレスは8個あるので、こちらはイベントに持っていきます。とりあえず一部を写真でご紹介。このシリーズも京都に納品予定です。

c0077407_19361014.jpg
今年はコラージュ作りにも力を入れようと思っていて、今回はこんなショップカードを作ってみました。名刺サイズです。今までイベントでは私の名刺を置いていただけなので(笑)、今年は毎回テーマに合わせてショップカードを作って配布する予定です。本当は時間があればレターセットやカードなどの郵便趣味の商品も作りたかったのですが、準備する余裕が全くありませんでした…。これはまた次のイベントの時の課題ですね。ショップカードには「Accessory, Collage, Books, etc…」の文字を入れました。まだまだ手探りだけれど、少しずつ自分の活動の方向性ややり方が掴めてきたような気がしています。

そんなわけで今回はNEW ATLANTISとしては正直激しく不本意な内容ではありますが、本業との兼ね合いでどうしてもこの状況になってしまったので、仕方ないといえば仕方ないかな…とも思います。無念です。凹んではいますが、準備ができなかったからといってウジウジしてもしょうがないので、当日は気持ちを切り替えるつもりです。今回は初めてお会いできる方が多そうだし、会場にて皆様とお話させていただけるのが今から楽しみです。ぜひ気軽に声をかけて下さいね。自分の宣伝(と言い訳)ばかりですが、トークショーをはじめ、素晴らしいイベントになっています。週末は是非是非西荻の三人灯へ。ご来場心よりお待ちしております。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-26 20:04 | 手作りアクセ | Comments(0)
金沢あうん堂
金沢旅行記の続き、おそらくこれでラストです。最近はブログを書くペースが落ちてしまって、いかんなぁと反省しています。

c0077407_2032979.jpg
私は本が好きなので、古書店をはじめ、本にまつわる場所があれば出かけるようにしています。金沢旅行ではブックカフェあうん堂に行きました。こちらは外観。

c0077407_2034155.jpg
c0077407_2035353.jpg
店舗の中はあたたかみのある北欧風のインテリア…という感じでしょうか。雑誌や書籍がたくさんあって、本好きには嬉しい空間です。

c0077407_204629.jpg
奥にあるこの空間、狭いところに本がぎっちり詰まっている書庫のようなスペースが個人的にお気に入りでした。狭いのだけど落ち着くというか、居心地がよいというか。

c0077407_2041852.jpg
珈琲を頼むとクッキーが添えられて出てくるのですが、これが本型というのもまたニクイです。あまり長居はできなかったけれど、よいお店でした。

最近はアクセサリーの制作・販売が活動の主軸になっていますが、私の出発点はやはり書物だし、もう少し活動が書物とクロスオーバーする形で展開していけたらいいなぁと考えています。そのために秋に個展をするし、その前から少しずつ動いて準備をしておきたい。もちろんファッションそしてアクセサリーは大好きだから、これはこれとして今年も新たな展開を考えています。3月下旬から京都ではじまるアリスをテーマとしたイベント(委託販売)の詳細も、そのうち発表できると思います。あとはとりあえず2月末の子羊舎イベントですかね。まだ何も作っていないので、イベント二日前とか前日になってしまうかもしれませんが、イベント前には何らかの形で販売物をご紹介できればと思っています。こちらもどうぞ宜しくお願いします☆

それにしても一応プライブと金沢21世紀美術館目当てで行ったはずなのに、どちらにも言及していないとは…。。金沢21世紀美術館は写真を撮り忘れたのも大きいのかな。ま、プラはまたそのうち何か書くでしょうし、とりあえずいいかな。ブログで紹介していない金沢ネタはまだあるので、タイミングが合えば今後取り上げていくつもりです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-15 20:19 | voyage | Comments(0)
金沢土産でお茶を
現在いろいろなことを抱え込んでいるので、水面下で修羅場が続いています…。解体もラクリマも諦めた。。2月末のイベントが終わっても、今年の前半は次の展開のための準備や下地作りだったりと、全体的に水面下活動が続きそうです。いろいろなことを考えたり、技術を高めるためにワークショップに通ったり、やりたいことのためにコツコツとインプットや後半以降の活動に向けた準備をしていこうと思っています。

c0077407_17314366.jpg
ようやく金沢旅行記の続き。今回の金沢旅行の反省点の一つは、お菓子関係をあまりフォローできなかったこと。時間がなかったので金沢駅にあるビルでいくつか購入した程度です。でも今回買ったものはどれも美味しかったし、すごくお気に入り。次に行った時はもっとお菓子を攻める!という気持ちで、とりあえず今回の購入記録を。右が諸江屋の「ココア落雁」、左が高木屋の「紙ふうせん」です。

c0077407_17315545.jpg
まずはココア落雁から。諸江屋の落雁は「花うさぎ」が有名で、私も今回いくつか購入したのですが、うっかり自分用を確保するのを忘れてしまいました(笑)。次回行った時にリベンジ、ね。ココア落雁はその名の通りココア味で、珈琲をはじめいろいろなものに合いそうなお味でした。ココア味が大好きなので、ひょっとすると普通の落雁より好きかもなと思ったり。パッケージが真っ赤でどことなくハイカラな感じです。

c0077407_17321245.jpg
高木屋の「紙ふうせん」を知ったのは『乙女の金沢』という本から。余談ですが金沢旅行はことりっぷ+乙女の金沢+ネット情報(お寿司やバーはネット)という感じで情報収集をしました。ことりっぷは街歩きをはじめ地図系が役に立つし、乙女の金沢はお店選びがツボ。ちなみに乙女の金沢は21世紀美術館で現地調達するという、なんとも準備不足な旅行でした…。

えー、前置きが長くなりましたが「紙ふうせん」。9個入りで630円。箱を開けると、中には紙ふうせんを折るための紙まで入っているのが心憎い(結局折らず仕舞いでしたが…)。丸い玉がころころと入っていてかわいいです。

c0077407_17322774.jpg
さすがに齧ったものは…ということで、包丁で割ってみました。最中の中には小さな錦玉(ゼリー)が入っています。これはレモン味。こうして割るとちょっと卵っぽい。「紙ふうせん」という名前の通り、口に含むと軽い食感で溶けていくこのお菓子は私はもうもう大変気に入ってしまい、次回はもっと買いだめなければ…と心に決めています。美味しいというよりも何よりも(いや、美味しいんですけど)、ネーミングや佇まいが完璧なまでに儚くて、きゅんとするほど懐かしくて、食べていると郷愁にかられて切ない気持ちになります。私にとっては大事なお菓子になりそう。高木屋はあんず餅も有名らしく、次回は店舗に出かけていろいろ買い込もうと思っています。

c0077407_17324585.jpg
金沢といえば加賀棒茶。ひがし茶屋街の一笑(写真左)で購入した丸八の棒茶でし。私はほうじ茶が大好きなのですが、加賀棒茶はお茶の茎の部分だけを集めて炒ったもの。香ばしくて香りがよくて、美味しいです。もう半分くらい飲んでしまったかな…。しばらくは家作業が続くので、ますますお茶の消費量が増えそうな今日この頃です。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-10 19:26 | voyage | Comments(2)
月夜のサアカス
c0077407_16173793.jpg
以前から気になっていたお店、月夜のサアカスに出かけてきました。秋葉原駅から少し歩いた場所にある月夜のサアカスは、濃密すぎないクラシカルな雰囲気でした。SERAPHIMさんのデザインされた制服も、品がよくて素敵。店内の書架にある本や並べられている鉱石やオブジェにある種の嗜好を感じるけれど、広い店内と空間にはほどよく食堂的な気安さもあって、個人的にはそこがとても気に入りました。重厚&クラシカル、または誰かの世界を凝縮したような小宇宙的なお店も大好きですが、時としてその空間の存在感が大きすぎておしゃべりしにくかったりすることもあります。その点この月夜のサアカスはいい意味でそこまで濃厚ではなく、居やすいし喋れるな、と。あと食べ物メニューが豊富で、かつボリュームがあってお手頃価格なのがとても嬉しい。私、かなりがっつり食べたい人なので、喫茶店でご飯が充実しているのはとってもポイントが高いです。友人を誘って出かけるのもいいし、一人でご飯やスイーツを食べに行くこともありそうです。今回頼んだランチセット、紅茶がポットで出てきて三杯分あったのもよかったな。ランチは1000円以下だし、+200円でデザートプレートをつけることができたりと、たっぷり食べたい私好みのメニューでした。今度はスイーツを食べに行こうかな。

月夜のサアカスではNoahさんの人形の展示が行われていました。Noahさんのお人形を見るのは実は初めてだったのですが(見てそうで今まで見ていなかった)、少女性のある顔立ちや気配がよかったです。写真で見るより、実物の方が好きなお人形でした(作家さんによっては逆のタイプもいます)。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-10 16:35 | カフェ・食べ物 | Comments(4)
最近見た展覧会など
最近見た展覧会やギャラリーでの展示の記録。写真がないものもあります。アート系・展示会情報と雑感は今はtwitterに流してしまっているのですが、ブログにきちんと記録として残しておくのも大事だなと思っているので、メモ程度でもざっくりと。

c0077407_229322.jpg
現代美術館のレベッカ・ホルン展。今回の企画がなされるまで私は全くこの人を知らなかったのですが、非常に好みでした。すべての作品が機械仕掛けで動くようになっています。時間に追われてざっくり流してしまったので、動く瞬間を見届けられなかった作品もあり、それが心残り。映像作品も多く上演されていたので、ゆっくり時間をかけて見るのがおすすめかも。

c0077407_228537.jpg
H.P.DECOで開催されているtestisの展示。古い時計屋に足を踏み入れたようで、絶え間なくコチコチと時計のムーブメントの音が響いてくる。無相創の作品もそうですが、破棄された機械部品を新たに甦らせたオブジェ嗜好なインテリア用品は好きです。今度H.P.DECOでは新世界透明標本の展示も行われるようなので、これにも行くつもり。

c0077407_2291585.jpg
Bunkamuraで開催されている「愛のヴィクトリアンジュエリー展」はお勉強のために見る。私が作っているのジャンクなアクセサリーだけれど、ジュエリーにも興味があるし物を見ることで学ぶことが多いので、最近はいろいろな展示や催しに足繁く通うようにしています。フットワークが軽いのは自分の強みだと思います。展示されているジュエリーは美しく、私は特にシードパールを用いた繊細なジュエリーが好きでこのポストカードを購入。後半にはレースの展示などもあり、レースの勉強中ということもありじっくり眺める。遺髪を用いたものは少し不気味さを感じつつもどこか惹かれていて、いつか何かアイテムを入手したいなと思っていたり。ただ単にきれいなものよりも、奇妙で不気味さのある物をキャビネットに陳列してゆきたい。

c0077407_2292849.jpg
代官山のAquviiで開催されているMAISSA TOULETの「Cabinets of Curiosities」。正直な感想を書けば自分の好みよりはキッチュで、あまりピンとこなかったなという感じ。このキッチュでシュールなテイストがよいという方もいるかと思いますが。ジョセフ・コーネルからインスパイアされているようですが、そういえば4月から川村記念美術館でコーネル展がはじまりますね。私は作品集は何冊も持っているけれど実物を見たことは実は一度もないので、とても楽しみにしています。

以下は写真のない記録。
・オブジェの方へ ー変貌する「本」の世界
うらわ美術館で開催されていた展覧会。私自身今後書物を用いた表現活動を展開しようと思っているので、勉強がてら見に行きました。資料として図録も購入したけれど、図録が大きくて本棚に入れるのにちょっと不便。。

・小村雪岱とその時代 埼玉県立近代美術館
うらわ美術館とハシゴ。金沢の泉鏡花記念館に出かけた時、展示されていた小村雪岱による装幀本に目を奪われて興味が高まっていたところに展覧会が開催されていることを知り、慌てて出かけました。資生堂時代の仕事から鏡花をはじめとする数々の本の仕事、「おせん」の挿絵や舞台美術など、多岐に渡る仕事ぶりが紹介されていました。私はやはり関心が書物にあるので、鏡花関連を一番真剣に眺めました。『日本橋』も好きだし、見返しに刷られた絵の冴え冴えとした青の美しさといい、素晴らしいです。今の芸術新潮が雪岱特集なんですよね、欲しいな。

・内藤ルネ展 大丸ミュージアム
私は古い物が好きなのですが、守備範囲が戦前どまりで戦後のものに対してはかなり疎かったりします。内藤ルネは名前だけは知っていたけれど実のところあまり仕事を知らなかったので、出かけてきました。私の基本的な好みとしては中原淳一をはじめとする叙情的でセピアなロマンティシズムに惹かれるので、ポップでキュートな世界観はまたちょっと自分の嗜好とは違ったりします。でもそういうのを抜きにしても内藤ルネの仕事はすごいなと思ったし、とても面白く見に来てよかったです。例によって本が好きなのでジュニアそれいゆ時代の仕事には興味津々だし(イラストよりもデザインの方に興味があるかも)、あと一番興味を持ったのは『私の部屋』で展開されたインテリアを通じた内藤ルネの世界と美学の具現化でした。彼の提示する世界観はただ「かわいい」だけではなく、そこには夢見る力が内在しています。この「夢見る力」というのが今後自分のキーワードかもしれないなと思いました。古いオリーブをめくっていて思うのですが、私はかつてのオリーブという雑誌を通じて提示された世界には「夢見る力」を感じるけれど、森ガールとかにはそれはないなと思う。などなど、最近の風潮に感じていた違和感が自分の中で多少説明がつくような気がしました。ファンシーグッズをはじめ、これだけの物が一堂に並べられいるのは壮観です。資料として図録を購入。

・医学と芸術展 森美術館
すみません、前の文章で力尽きました(笑)。これにも行きました。東大博物館の「命の認識」展も来週行こうと思っています。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-06 22:52 | 本・映画・アート | Comments(4)
主なき庭 ー遺物たちの囁きー
1月31日追記:
桑原弘明氏と建石修志氏のトークショーは、2月1日21時より専用フォームからの受付となります。両日とも定員は30名です。詳しくはイベントページを御覧下さい。

**このエントリーは2月3日までトップ表示させます**

c0077407_8442191.jpg

NEW ATLANTIS 2010年最初の活動のお知らせです。私もスタッフとして参加させていただいている子羊舎のイベント「主なき庭 ー遺物たちの囁きー」が2月27日(土)28日(日)と西荻窪の三人灯で開催されます。鉱物をテーマに展示販売が行われ、さらに予約制のトークのゲストはなんと桑原弘明氏と建石修志氏です!展示販売は12時から15時まで(こちらはご予約はいりません)、そしてスペシャルトークは2月1日より予約受付となります。詳しくはイベントのページを御覧下さいませ。

NEW ATLANTISは正直2月末までは本業で時間的にかなり厳しく、どれだけのものを作れるかはわかりませんが、作業の合間になんとか頑張りたいと思っています。去年12月のAC11にはあまり出せなかったスチームパンク系をはじめ、好事家向けで密やかなアクセサリーを出品できればと考えています。出品物は例によってギリギリにブログで紹介すると思いますので、イベント直前にチェックをしていただけると嬉しいです。また二日間とも、会場ではスタッフとしてお手伝いをしております。素敵なイベントになるよう、私も微力ながらお手伝いを頑張りたいと思っています。

ちなみにNEW ATLANTISの2010年の活動予定です。2月のイベント以外はすべて未決定の予定なので変更になるかもしれませんが、とりあえず現在考えているざっくりとしたプランをメモとして書いておきます。
・2月27日(土)28日(日)…子羊舎イベントに出展
・3月末…創作活動のコンテンツをHP内に作る。ウェブショップでの通販開始。
・3月末…京都のお店へのイベント参加&委託販売開始。イベントのテーマは前から私も一度はやってみたいと考えていたものなので、楽しみです!
・7月…声をかけていただけたらAC11
・10月…アール座読書館で一ヶ月の個展。書物や時計部品を用いたオブジェによるインスタレーション+アクセサリー販売。
・10月第二週くらい…秋の一箱古本市。今年こそはまた参加したい。
・12月…声をかけていただけたらAC11
ものすごいメモ書きですが、こんな感じとなっています。年内のスケジュールはこれでもう一杯一杯だな。今は来年以降の活動をどうするかを考えているところです。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-03 08:43 | 活動の記録 | Comments(8)
コラージュづくり
c0077407_1952843.jpg


早いものでもう二月ですね。いろいろと忙しいのですが、イベント準備もしなければ…と少しずつ作業をはじめています。まだアクセサリーまでは手が回らなくて、とりあえず周辺のイメージ画像作りをしていました。この作業を通じて、自分なりのディスプレイのイメージや方向性が見えてくるような気がします。

これは作ってみたサンプル画。癖のない画像(NEW ATLANTIS比)ですが、普段コテコテのばかり作っているので今回はあえて癖がない感じでいくか、それともいつも通りの方がいいのか、ちょっと迷い中です。どうしようかな。こういう機会だからこそ普段とはちょっと違った感じもいいかもと思っていますが、それが単なる薄味になってしまうとつまらないですしね…。まだ自分の中で決めあぐねていますが、とりあえずこんな感じで少しずつ手を動かしていこうと思っています。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2010-02-02 19:17 | 雑記 | Comments(0)
AX