最近のガラクタ
最近購入したガラクタ(の一部)。当然普段からここに書ききれないほど日々ガラクタを買い集めていますが、素材目的で購入したものは公開しないので、完全に私物として買ったものを少し紹介します。

c0077407_17584584.jpg
これは一目惚れだった王様クレイヨン。クレヨンに多少痛みはありますが、デッドストック品で函はとてもきれい。クレヨンというより、トランプモチーフの系譜という関心の延長上で購入した気がします。実物はこの写真よりずっと愛らしいのですよ。お気に入り。

c0077407_1759075.jpg
ピントが合っていませんが、中身はこんな感じ。一本一本に王様が!王様という威厳のあるモチーフと、クレヨンという組み合わせがたまらなくツボです。

c0077407_17591757.jpg
c0077407_17592739.jpg
これも個人的にはなかなかの掘り出し物。「THE TARTANS OF THE CLANS AND FAMILIES OF SCOTLAND」(1958)。1958年出版の本だからそこまで古くはないけれど、どことなく年代以上の素朴さを感じます。右にタータンの見本プリントが刷られていて、左に説明が書かれています。じっくり読むことはしないけれど、ぱらぱら眺めているだけで楽しいです。秋冬用のアクセを作った時に、背景として使うことができるかな?ちなみにお値段は1500円也。

c0077407_17593824.jpg
「THE STAR SERIES OF ENGLISH GRAMMARS」。星とあれば、見過ごすことはできません。これは暁星学園の英語の文法教本です。私が買ったのは戦後に出版されたものですが、初版が大正時代に発行されているので、デザインに明治・大正期の書籍の気配が残っています。表紙は英語だけれど、どうやっても拭えない明治・大正的な古くささがあり、この野暮ったさもまた味かな、と。これは解体して、自分用のカード挟みなどの文房具に改造してしまおうと思っています。

今までも多少買っていましたが、先日「今後古書を創作の素材として使っていこう」と本格的に決めて、それ以降素材集めに力を入れています。おかげさまで部屋の片隅に古くて汚い本が積み上げられ、空間がますますカオスになっています(笑)。展示会の時に何度か尋ねられましたが、ディスプレイ用品をはじめ、備品は白のキャビネット以外すべて私物です。素材ストックのための倉庫が欲しいくらい、私の部屋は現在物に占領されています。。以前からある趣味の本に本業のための資料、CDに服・アクセサリー、さらに最近急増している創作の素材やガラクタの山、どんどん増えていく什器などなど、この空間には明らかに物が多すぎますね…。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-07-21 18:24 | 雑記 | Comments(4)
Commented by 玉青 at 2009-07-22 06:06 x
>どうやっても拭えない明治・大正的な古くささ
というところにも反応したいのですが、何はさておき「王様クレイヨン」。

"TRADE MARAK OSAMA" 。で、作っているのが王様商会。さらによく見ると "OSAMA SHOKWAI" とか書いてあって、何だかスゴすぎる感じです。(←「オーサマショークワイ」の「クワイ」を妙に力んで発音したくなる・笑)

ふと検索してみたら、現在、群馬県桐生市に「王様クレイヨン商会」という画材屋さんがありますが、戦時疎開でもして、そのまま定着されたんでしょうか。それとも王様クレイヨンの熱烈な崇拝者が開いた店? ちょっと気になります。
Commented by yuriha_ephemera at 2009-07-23 19:14
玉青さん>
科学とは全く関係ないですし、STAR SERIESというのも学校名からきているのでしょうが、理科的エフェメラ好きとしては心惹かれるたたずまいがこの本から漂ってきます。ちなみにこの本、大正15年に初版が出版されているのですが、そうした時代性を考慮しても古くさいデザインのような気がします。

そして王様クレイヨン。クレヨン自体にある愛らしさと、突っ込みどころ満載なパッケージに反応していただけてとても嬉しいです(笑)。「王様クレイヨン商会」で検索すると、確かに群馬のそのお店が出てくるんですよねー。気になっているのですが、Web上にはそれ以上の情報が載っていないので調べがつかず。ううん、一体どういう関係なのでしょう。
Commented by Adel at 2009-07-24 01:54 x
先日はお食事会ありがとうございました~。楽しかったです。

私のお礼は一つ後のエントリー内容ですが、ついこちらにコメントさせて頂いてしまいました理由と言えば、[王様クレイヨン商会]です。はい。
[王様クレイヨン]及びそちらの会社の存在は全く知りませんでしたが、思いっきり私の地元近くの住所。直に足を運び、所在を確認する事も可能な位置です(笑)個人的にもかなり気になってしまったので、次回帰省した際に確認して来ようと思います~。(地元にこんな突っ込みどころ満載なネタが存在していると知り、ちょっと嬉しく思っております)
Commented by yuriha_ephemera at 2009-07-27 13:23
Adelさん>
こんにちは。こちらこそ、先日はありがとうございました!お互い忙しくてなかなか一日お出かけというわけにはいかないでしょうから、今後たまにこうして銀座で食事ができればよいですね。

そしてなんとなんと、謎の(笑)王様クレイヨン商会に急展開が。まさか地元とは。これはぜひぜひAdelさんに偵察していただかなければ!ごくごく普通の画材屋なのかもしれませんが、お店の由来は気になりますね…。ぜひご報告、宜しくお願いします☆
<< 紳士のための鈴蘭 セールの戦利品 >>
AX