ギンガムチェリー
暑くてやや夏バテぎみにつき、頭の中がどうにも秋モードに染まりきれない今日この頃。街に新作チェックをしに行く気力もなく、相変わらず秋物とは無縁の日々を過ごしています。9月の札幌であちこちウィンドーショッピングして、買物するのがリハビリになりそうです。暑いし、どうせしばらくは秋物なんて着ないし、急いで買わなくてもいいかな、なんてね。とりあえずは、残りの夏服を紹介していきます。

c0077407_1625577.jpg
Emily Temple cuteのギンガムチェリーシリーズは見た時からとても気になっていたアイテムでした。ここ数年じわりとブームなギンガム(昔は大嫌いだったはずなのに)、エミキュらしい雰囲気もありつつそこまでポップすぎない、ややカントリーな雰囲気に惹かれました。色は黒・青・パープルがあって、その中でも一番好みだった青とご縁があり、ようやく手に入れることができました。

c0077407_1626867.jpg
柄のアップ。ベースはくすんだ生成、ギンガムのブルーにチェリーやラインの赤の配色が好み。洗練された美人ならともかく、もっさりめの私がちょいカントリーをやると野暮ったくなるのでそういう意味では結構難しいなぁとは思うのですが、頑張ってコーデして着たいと思います。

それにしても今年の春夏はエミキュに踊らされました。普段はエミキュはあまり買わない私だけれど、ビスケット、そしてギンガムチェリーのワンピ、キャミとバッグ、さらにセールでスパッツと結構散財しました。だって今年のエミキュは当たり年だったんだもの!秋冬エミキュは元々興味がないので大丈夫だと思うけれど、来年の春夏もまたかわいかったらどうしよう…。。あと最近はエミキュ以外でも他ブランドの服を古着などで集めたりして、多少Jane一辺倒からの脱却を図りつつあります。ヨーロッパ古着が今自分の中で熱いし、LIMIあたりの黒モードな格好もしたいし、アンティーク着物にも手を広げていくつもりだし、コーデのバラエティを増やしたいな、と。もちろんJaneは今まで通り着続けるし、ペースは前よりは落ちるかもしれないけど買い続けます。私のクローゼットの核はやっぱりJaneのアイテムですし。Janeのドンルあたりなんかをヨーロッパ古着とミックスしてヴィンテージ感漂うコーデにするのが今年の秋冬の自分内流行になりそうな予感がしています。もちろん、タータンをはじめ、ブリティッシュでトラッドなコーデも引き続きやりたいな、と。夏の間はカジュアルで軽いファッションばかりなので、秋冬はもっと攻めていきたいです!
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-08-18 16:45 | その他お洋服 | Comments(0)
<< ネクタイピンのメロディー 小林かいち、弥生美術館 >>
AX