秋のドレスハット/王様クレイヨンその後
Janeではとっくに冬物のカタログの公開が始まっていますよね。皆さんは何を予約されたのでしょうか。私は例によって、未だカタログ閲覧の連絡すらしていない状態です。前より少ないとはいえ今でも予約完売品はあるわけでそれを手に入れるためにはやはりカタログは重要なのでしょうが、最近はもうカタログに対する執着が全然なくて、気が向いた時に店舗に行って実物を見たうえで好きな商品を買えばいいかなという気持ちになっています。Janeがスタンプ制になったのも影響して、普段行っている店舗以外のところでも買うようになりました。必然的に担当さんのいる店舗での顧客度がどんどん下がっているわけですが、まぁそれも致し方ないかなと思っているところです。Janeはまったりマイペースで付き合っていきたいなというのが今のテンションです。そのうちカタログの連絡すら来なくなるかもな、あはは。それならそれで仕方ないか。冬物ではナポレオンジャケットがあるようで、それがちょっと気になってます。

c0077407_18431340.jpg
9月に買ったまま写真を撮りそびれていたアイテムです。ドンルのドレスハット。写真がよくないですがきれいな形で一目惚れ。タッセルベルトを見に行ったはずが、気がつけばこの帽子を抱えて帰宅していました。ほどよいボリュームとゴージャスさがあって、シックかつモードな雰囲気が出ます。帽子は大好きなのですが、この手のドレスハットは一つも持っていなかったので(Maryのドレスハットはあるけれど、あれはモードというよりロリっぽい)買えてよかったです。

ところで、以前このブログでちょっと話題になった王様クレイヨン(その時の記事はこちら)。友人のAdelさんが王様クレイヨンに出かけてレポートして下さりました。Adelさんのブログ記事はこちらです。「王様クレイヨン」がのちに王様クレィヨン」と表記を変えていたことなど、写真つきでさまざまなエピソードが紹介されています。今はもうない王様クレイヨン、ふとみつけてその愛らしさに心惹かれて買い求めた一箱のクレイヨンの話がこんな風に発展していくことは当初は思っていませんでした。王様クレイヨンは自分の中にあるイメージを掻き立ててくれるので、今後NEW ATLANTISの中の「物語」の一つになっていくのかもしれません。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2009-10-07 19:29 | Jane Marple | Comments(6)
Commented by 玉青 at 2009-10-07 23:32 x
あ、王様クレイヨン。
Adel様のおかげで、王様クレイヨンの壮大な歴史の扉が今まさに開こうとしていますね。まだまだ知られざるエピソードが出てきそうで、楽しみです。
Commented by Adel at 2009-10-08 23:29 x
由里葉さん。そして玉青様。こんばんは。
一箱のクレイヨンがきっかけで、こうして素敵な小旅行をする事ができました事を改めて御礼申し上げます。
時々桐生散策はしていたものの、王様クレイヨン商会さんは全くのノーマークであった上に、地元の友人や更に両親・祖母までも、改めて聞いても存在を知る者は一人も居らず、やはり謎の商会さんで在りました。
「あの王様クレイヨン」の行方を追う事ができて、嬉しく存じます。
Commented by yuriha_ephemera at 2009-10-09 01:37
玉青さん>
私が王様クレイヨンを見つけたのも偶然ですが、今の王様クレイヨン商会がAdelさんの地元というのもまたすごい偶然で、こうして話が続いていくのは本当に不思議ですね。何か新しいことが判明次第、ブログで随時フォローしていきたいと思っています。
Commented by yuriha_ephemera at 2009-10-09 01:46
Adelさん>
Adelさんのおかげで王様クレイヨンの現在がわかり、改めてお礼を申し上げます。それにしても地元の方も知らない、謎の商会なのですね。初期のクラフト・エヴィング商會を筆頭に、鉱物や化石標本を商うクランツ商会など、「商会」という言葉にある古めかしくそしてどこか謎めいた雰囲気が好きです。ぜひ今度、直接お会いした時に王様クレイヨン商会の詳しいお話をお聞かせ下さいね。
Commented by 84b at 2012-03-10 14:56 x
はじめまして。突然すみません。実は「王様商会」を調べていたら、こちらに行き当たりました。母の遺品を整理していたら、手作りの帯の枕を包んでいた紙が、「王様商会」の「郷土の誇りを絵にするコンクール」の応募用紙でした。「お國の誇りを繪にしましょう」とあるので終戦前なのでしょう。住所は、東京都板橋区志村になっています。戦後、桐生に移転したのでしょう。
Commented by yuriha_ephemera at 2012-03-20 20:31
84bさま>
はじめまして。コメントをありがとうございます。そして貴重な情報をお寄せいただき嬉しいです。王様商会の足取り、非常に興味深いですね。「お國の誇りを繪にしましょう」という内容も時代を反映していて面白く思いました。私は実は研究者で近代日本の文化史の研究をしているのですが、その立場からも王様商会に興味を持っています。
<< はろー書店 ついったー >>
AX