永遠のスチームパンク
7月16日より銀座の喫茶店「時・・」さんにてNEW ATLANTISのアクセサリーの取り扱いが始まります。ここ数日はその準備に追われていました。時・・さんは時計のある空間ということで、今回ものすごく久しぶりにスチームパンク系のアクセサリーを製作しました。NEW ATLANTISのアクセサリー作りの原点で、でもここ一年くらいはあえて離れていたこの作風に再び取り組むきっかけをいただけて、とても嬉しいとともにやりがいのある作業でした。こちらの写真のものはすべて時・・さんに納品しています。

c0077407_22234793.jpg
スチームパンクブローチは合計7個作りました。どれもそれぞれに形の異なる一点ものです。こちらのシリーズはその時々で手に入った部品を使って製作しています。今回はベースの部分は腕時計、その上に懐中時計のパーツを重ねるデザインになりました。

c0077407_22231480.jpg
上にパーツを重ねていますが、隠れている部分にもパーツはびっしり詰まっています。一応便宜的に「スチームパンク」と呼んでいますが、所謂スチームパンク的な作品を作りたいというよりは、へんてこな道具や不思議な器械に対する愛着が背景にあると思います。

c0077407_222240100.jpg
懐中時計の部品には文字や数字が彫り込まれていて、そこもまた美しいのであえて部品を乗せずにそのまま活かしています。

c0077407_22222293.jpg
こちらは少しだけ歯車を乗せてみました。以前に比べて技術が身に付いたので、樹脂の透明度もあがり、よりクリアで硬質に仕上がっています。

c0077407_2222316.jpg
こちらは時計型のリングです。硬質でシャープでおすすめのアイテムです。真ん中のタイプは今回初めて作ったのですが、自分自身でもとても気に入っています。これからも部品が揃い次第少しずつ製作していきたいです。

時計部品がアクセサリーの素材としてメジャーになる傾向のなかで自分の作風に迷ったり悩んだりしていたため、あえてこうしたものは作らず新しい素材に挑戦をするということをここしばらくは行っていました。でも流行ろうが廃れようが、自分が大好きで今後もずっと作り続けていくことは変わらない。それがわかったので、またマーペースで時計部品を多用したアクセアリーを作っていく予定です。スチームパンク系は同じものは決して作れない、また数もそこまで多くは出せないかもしれませんが、その分一つ一つに小宇宙が形成されています。是非実物をお手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。今後は少しずつ他のお取り扱い店、また通販などにも出していこうと思っています。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2011-07-15 22:42 | 手作りアクセ | Comments(0)
<< 夜の時・・にて NEW ATLANTIS*cr... >>
AX