人気ブログランキング | 話題のタグを見る
しあわせなお菓子
しあわせなお菓子_c0077407_20494855.jpg

お気に入りのフレグランスの紹介です。いろいろあるのですが、まずは今の時期によく使っているものから。ラルチザンパフュームの「ジュール ド フェット」(祝福の日)です。

結婚式のお菓子ドラジェをイメージしたというこの香りの香調はライトバニラ。ふんわり甘やかながら軽さもあり、夏にも使えるバニラです。バニラの香りは大好きなのですがどうしても香りが重くなりがちで夏は難しいと思っていたところに祝福の日と出会い、すっかり惚れ込んでしまいました。トップノートは甘いアーモンド、月桂樹。ミドルノートは青い麦、白いアイリス。ラストノートは黄金色の麦、ブルボンのバニラ、白い杉。とのことですが、鈍感な私の鼻ではそこまで香りを嗅ぎ分けられないです…。トップからラストにかけて、劇的に変化する香りではないと思います。個人的には、月桂樹の香るトップノートがお気に入り。この「祝福の日」は今まではアニヴェルセル表参道店限定で発売されていましたが、先日よりラルチザンのオンラインショップでも取り扱いが始まりました。

ラルチザンの香りは大好きで少しずつ集めています。クオリティが高く、個性的、なおかつ日常的に使いやすい。大好きなブランドです。が、7月1日より価格が値上がりしたのには大ショックを受けました。もともと安くないのに、二千円も値上がりするなんて!実はこれを知ったのは、値上がりした当日でした(苦笑)。前日に知っていたなら、今度買おうと思っていた一本を買いにお店に走ったのに。あーあ。今の価格に慣らされてしまうまでは、当分店舗では買わずにフランスからの個人輸入(これなら以前とほぼ同じ価格で買える。今のところは、だけど)に頼ることになりそうです。買うなら今のうちかもと思って、その欲しかった一本(青いスミレ、これは後日紹介)を先ほどぽちっと注文してしまった私なのでした。届くのが楽しみ。フレグランスは量り売りでも一杯持っているのですが、お気に入りのものはやはりボトルで手元に置いておきたいものです。
by yuriha_ephemera | 2006-07-25 20:52 | フレグランス
<< 薄水青、蜻蛉のような オフィシャル更新 >>
AX