人気ブログランキング | 話題のタグを見る
愛しの楽器柄
昨日あたりから、急に東京も寒くなりました。長袖どころか、長袖一枚では肌寒いくらい。秋がもうすぐそこまで来ているのはなんとなく感じていたけれど、こうも劇的に変わってしまうとは。あまりに寒暖の差が激しすぎたのか、体がついていけなかったらしく現在微妙に体調が悪い状態です。風邪で寝込んでいる暇はないので、なんとか持ち直したいところ。昨日の夜は熱っぽい体を引きずってずるずる帰ってくる道すがら、「ああ体調悪い…。でもこれでようやっと秋物が着れる!うふふ。」とほくそ笑んでいたのは、我ながら本当にどうかと思いました。洋服好きの性ですね。。なんにせよ、ファッションにおいても一番好きなシーズンの幕開けです。

愛しの楽器柄_c0077407_10253916.jpg

というわけで今日紹介するのは、Jane Marple2005年秋物の楽器シリーズのゴブランスカート。楽器シリーズは素材も型もさまざまあり本当に目移りしたのですが、とりあえずこれだけは押さえておかなければと思って購入したのがこのスカートです。ゴブラン好きなので、やっぱりゴブランははずせませんでした。あまりに愛用しすぎたために、生地が痛みはじめてしまって毛玉が出来てしまいました。まぁこれは仕方ないですよね。私にとって洋服はあくまで「着てなんぼ」なので、飾って眺める趣味はありません。多少コレクターは入っているかもしれないけれど、それだってやっぱり着たいから買っている。着る以上、痛むのは当然。これは仕方ないことだと思って、諦めています。

愛しの楽器柄_c0077407_1025477.jpg

柄のアップです。プリーツスカートなので、柄が切れてしまっています。柄を楽しみたい場合はバニランタイプのスカートの方が向いているかもしれませんね。このスカートはブラウス+ジャケットのようにかっちりした格好でも、またニットと合わせて軽く着るのでもOKだし、本当に重宝しました。周囲からの評判もかなりよかったスカートです。「素敵な柄」と褒められることが多くて、とてもうれしかった。以前ご紹介したアコーディオンリングとコーデすると、完璧かも。
by yuriha_ephemera | 2006-09-13 10:28 | Jane Marple
<< 究極のコテコテ ベルギー王立美術館展 >>
AX