人気ブログランキング |
Jane Marple2006年冬物雑感
遅ればせながら、ようやく冬物カタログを見てきました。ネットで前評判を聞いていたのですが、前評判通り全体的に見て地味な雰囲気だなというのが感想でした。ポップでキュートというよりは、落ち着いてシック、そしてシンプル。地味好きな私でも「地味だな」と思ったくらいなので、華やかなアイテムがお好きな方にとってはさぞかし物足りないかもしれません。シックなアイテムはカタログで見るよりは店頭で手に取った方が印象がよいので、店頭買いの方が向いているのかなぁと思いました。

と全体的に見ればそんな感じでしたが、私個人で言えば結局予約金額はいつもと変わらずでした。私の場合、どのシーズンでもカタログがツボであろうとなかろうとだいたい予約金額は一緒なんです。これもどうなんだろうなぁと自分では思います。もしかして「買う」という行為が習慣化している?でも購入したものは基本的には死蔵せずに全部ちゃんと着回しているので、決して惰性で買っているわけではないと思うのですけどねぇ。うーん。

秋物は大物ばかりに予約が集中したためえらくすっきりした予約表になってしまいましたが、冬物は逆に小物中心の予約だったため、枚数が多くなりました。お得意の「気に入ったら多色買い」もやってしまいました。シリーズ全体を紹介するのではなく、あくまで自分のツボメインに冬物について見ていきたいと思います。

今回ドンルではほとんど予約をしませんでした。シックで大人っぽいドンルはわりと好きなのですが、Jane自体が落ち着いていたのでJaneのみで事足りてしまったというか…。ドンルでここまで予約をしなかったのは久しぶりのような気がします。唯一予約をしたのはベルトです。私は実はベルト好きで、でもJaneでは年に一本発売されるかされないかという感じだったので、ベルトはとてもうれしかったです(Janeではあまり出ないから普段はだいたいLois CRAYONでベルトを調達しています)。バックル部分が額縁みたいな形です。今シーズンはこの額縁バックルがよく用いられていて、バックル付きシューズなんかもすごくかわいかったです。ベルトはポイントとして使えそうなアイテムで、楽しみ。

Janeで一番ヒットだったのは「不思議の国のアリス」をモチーフにしたシリーズでした(名前はタイニーアリスシリーズでいいのでしょうか)。特にアクセがかわいい!その中でも一番好きだったのは白ウサギのリングでした。細工も細かくて、それなのにお値段も手頃でびっくり。もち二色買い。他にもブレスレットやピアス、ネックレス等々アクセの種類はたくさんありました。ブレスレットは私の欲しい色が残念ながら予約完売だったので、ネックレスに投資をしました。ジャラジャラチャームがついているタイプ、さらにシンプルなアリスとウサギのネックレスを予約。アリスとウサギのネックレスは値段が手頃でこれも二色買いを考えたのですが、同じシリーズでネックレス3つは買い過ぎかなと思って自粛。でも今でも未練があります。どうせだから予約しちゃった方がいいのかしら…。今回シルバーはちょっと変わっていて、シルバー一色のみではなくモチーフにゴールドも入っているのです。ゴールドの方はゴールド一色でした。二色入りの方がどちらでも合わせられて便利なのかなと思いつつ、単色の方が慣れているので結局そちらを予約してしまいました。

アリスシリーズの服はフロッキープリント、さらに総柄のゴブランなどがありました。私はフロッキープリントが好きだったので、スカートのアイボリーを予約。丈が長めなのも好み。JSKもかわいかったから迷ったけれど、丈がちょっと短めだったのと普段着としてはスカートの方が使いやすそうなのでこちらにしました。手持ちの黒別珍ビスチェと合わせて着れば似非JSK風が楽しめるから、これでもいいか。あとはプリントのロングTシャツも予約。色は黒にしました。ゴールドでアリスとトランプのモチーフが大きく入っています。フロッキースカートと合わせれば、カジュアルなアリスという感じですね。ロングTはお値段も結構手頃で、ボルドーも欲しいくらいです。同じプリントで半袖タイプも出ていました。こちらも白や黒にすれば通年OKなアイテムだと思います。余裕があれば春夏用に欲しいくらいです。あとアリスシリーズではないけれど、白いブラウスも予約。白ブラウスは消耗品と考えているので、毎年春夏・秋冬に一枚は買うようにしています。

あと服で予約をしたのはカタログの最初の方にあったベロアジップアップブルゾン。素材がベロアなので値段も手頃だったし、アウターとして使いやすそうだったので予約しました。色は黒。襟元に入っている天使刺繍がポイントです。袖に白のラインが入っているので、適度にカジュアルな感じがJane marple普段着派の私にはぴったりだと思います。実は似たようなデザインでライダーズ風のものも出ていて、どちらにしようか非常に迷いました。迷った末ジップアップにしましたが、ライダーズもよかったなぁ。できれば店頭で見比べて買いたかったのですが、どちらもすでに完売色が出ていて予約をしないと厳しそうだったので、結局予約してしまいました。でも正直、自分の決断にちょっと自信がない…。少し甘めでカジュアルなブルゾンより、ややハードなライダーズの方がいいのかなぁ。うーん、うーん。

服はせいぜいこのくらいで、残りの予約は全部小物です。手袋(これも二色買い)、付け襟、あとはアランニットのベレー帽。ベレー帽はアイボリー、チャコールグレー、ブラックがありました。チャコールグレーの帽子がなかったのでこの色にしましたが、アイボリーもすごくキュートでした。これも予約すればよかったかなぁ。帽子買い過ぎを自粛したのですが、使えるアイテムだし、予約しても悪くなかったかもしれません。店頭で出会えることに期待。

予約はこれくらいで、あとは入荷連絡ばかりです。結局服はほとんど入荷連絡になってしまいました。入荷連絡の中で一番迷っているのがレオパードファーケープです。ラビットファーにヒョウ柄をプリントしたもので、タータンチェックのスカートと合わせているお写真が本当にかわいかった。レオパードとタータンってすごく合うんですねぇ。目からウロコ。それもあってすごく欲しいアイテムなのですが、ラビットファーを用いているせいか値段がよくて、秋物のヴィクトリアンボーダーのスカートと変わらない価格でした。ケープとしては、自分の基準よりは高い値段。おまけに私、ケープが好きなわりには似合わない人なのです(好きなんだけど似合わない二大アイテムはケープとビスチェです、とほほ。小柄で撫肩ゆえにケープはてるてる坊主のように、凹凸なしの体+でっぷり体型のためにビスチェは鎧のようになります…。似合わないと自覚しつつ、それでもたまに買ったりしますけどね)。それもあって予約がためらわれました。店頭に出るか微妙なので絶対予約をした方が安全なのですが、どうしても踏み切れなかったアイテムです。

ビスチェといえば、タータンビスチェがとてもかわいかったです。でも私がカタログを見た時点で、もう2色完売で一番地味な色が残っているのみでした。他にも「あ、これかわいい!」と思ったものはたいてい完売しており(すべて完売ではないけど一番いい色は完売というパターンが多かった)、そういう意味ではやっぱり出遅れたなぁと思いました。私はたいてい少し遅れてカタログを見に行くのですが、人気シリーズがたくさんある方が予約が分散するせいか少し遅れていっても予約は大丈夫な気がします。今回は全体的に地味だったせいか、かわいいものの完売が早かったのかも…。そういう意味では何がなんでも9月中に見に行った方がよかったのかなと思います。まぁ今回はもう仕方ありませんけど。

とまぁ、私の予約はこんな感じでした。改めて、服の予約が少ないですよね。行く前は「JSKかワンピースを一枚くらい予約したいなぁ」と思っていたのですが、結局何も予約しませんでした。あと私の好きなボルドーが今回はあまりなくて、これがちょっと寂しかったです。ボルドーアイテムを何か予約しようと思っていたのに…。考えてみれば秋冬服は去年2005年のシーズンにたくさん買ったからこれでもよかったのでしょうが、でも服の予約がこれだけしかないとやっぱり寂しい気分になりますね。

カタログの後店頭を見てきたのですが、とうとうヴァイオリンシリーズが入荷していました。私が予約したヴァイオリンドレスのブロンズが店頭にも出ていましたが、すごく素敵でした!予約してよかった〜。週末に引き取りに行く予定なので、引き取ったらまたこちらで紹介します。
by yuriha_ephemera | 2006-10-02 15:38 | Jane Marple
<< 天使の首飾り 冬物カタログの予定 >>
AX