禁断のヘッドドレス
仙台旅行記、時系列に沿って書いていった方がわかりやすいのだろうなと思いつつも、トピックごとに更新していく予定です。仙台旅行の全体像はサイトの日記の方にざっくりアップしようと思っています。

というわけで、まずはこれから。ライブがあったCLUB JUNK BOXの上はフォーラスというショッピングセンターです。ここにはケラショップマリアが入っているとのことで、遊びに行きました。マリアはInnocent WorldやVictorian Maidenをはじめロリ系ブランドを多数取り扱っているセレクトショップです。今までこちらは完全にスルーしていたのですが、最近は興味が出てきたのでかなり真剣に商品をチェック。甘ロリブランドってレースをもりもり使っている商品が多いのですが、安物レースだと全然自分の琴線に引っかからないのだなぁと思ったり。甘々だけれど、ディテールが大味なものが多いかもというのが正直な感想。繊細さがちょっと足りないというか。Janeが私のベースで、見ていていいなと思うのはメアリやメイデン。やっぱりクラシカルロリータ系なんですね。

c0077407_9272434.jpg

ロリ服談義をしつつ商品をひとしきり眺めた後は試着タイム。Tさんがイノワのブラウスを試着している間、私もヘッドドレスを物色。せっかく遠征に来たんだし何か買って帰ろうと思いつつ商品を見ていたのですが(東京でも買えるけど、というよりむしろ東京の方が断然商品は多いけどそれは気にしない・笑)、結局買ってしまったのがこれ。本当はシンプルで地味なものを買おうと思っていたのに、なぜか一番大振りなものをレジに持っていった私。あれれー。でもでも、下手に地味なやつよりもこっちの方が似合ったんだもん。生成という色が基本的に似合うし、色も同色系でまとまっているから思ったより上品だし、何よりTさんに絶賛していただいたのが大きかったのでしょう。ここまで思い切ったフリフリヘドレを買うとは予想外でしたが、でも買ってよかったなぁと思います。ちなみにブランドはInnocent Worldです。やっぱりこれも私の好みよりは大味なんですけど、それでも許容範囲です。

c0077407_9273377.jpg

最初の写真ではサイズがわからないと思うので、わかりやすく漫画を置いてみました。漫画と変わらないサイズですから、かなり大きいです。置いている漫画はローゼンメイデン。別に私はそこまで好きな作品ではないのですけど、まぁお約束ということで、ちなみに最初はその辺に転がっていた漫画をひょいと掴んで並べたのですが、それが『さよなら絶望先生』でした(笑)。写真をアップする段階になって「ヘドレに絶望先生を合わせるのはどうよ」と思い撮り直しました。でもまぁ、こっちの方が明らかに私らしかったわけですけど。

お会計をしながら、「ああ、私は完璧に足を踏み外したなぁ」と感慨に耽っていました。Janeにはまった時が最初の踏み外し。このヘドレは、次なる踏み外し。これで完璧にロリに片足を突っ込んでしまいました。でも、楽しいからいいやー。今でもたまにコテジェーン着ている時に本業の名刺渡すとぎょっとされることがありますが(外見はアレですけど、一応これでもアカデミックな世界にいるんで)、ロリなら尚更ギャップが激しいのでしょうね。でもそういう歪み、私は面白いと思うんだけどな。少なくとも回りの人は面白がってくれている。今の私は本当にファッションは何でもありで、ハーフパンツにキャスケットという少年系の格好もするし(少年といってもあくまで本人比ですが)、Janeも着る。ロリータも、そうした手持ちの札の一つとしていきたいと思います。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2007-04-21 09:32 | その他お洋服 | Comments(0)
<< 極上パフェと撃沈ココア 寒楽しかった仙台/かもめの玉子 >>
AX