人気ブログランキング |
札幌避暑記*4 Titiとjouer avec moa?
今日は一日Mさんと一緒にお出かけしてきました。明日が早いうえに今は時間がないので、取り急ぎエントリーを一つだけアップします。

Mさんに教えていただいたアクセサリーのお店、Titi。地下鉄東西線西11丁目駅から少し歩いたところにあるこのアクセサリーショップで、jouer avec moa?の新作ネックレスを購入しました。

c0077407_22125053.jpg
jouer avec moa?2007年s/sのテーマは「One lamplight of plentiful inside -数多の中のひとつの灯火-」。電球そして蝋燭がモチーフになっている今回の新作は、HPに予告が載った時からとてもとても楽しみにしていた期待のシリーズです。東京では新作の展示会なども行われていたようですが、6月7月は壊れかけるほど忙しくて出かけられませんでした。ですが札幌でもjouerを取り扱っているお店があると教えていただき、それならそこで購入しようと意気込んで出かけました。

c0077407_2213270.jpg
蝋燭も電球もどちらも惹かれるのですが、最初に買うならより理科少年的な電球がよいと心の中で思っていました。電球のタイプはいくつか店頭に並んでいましたが、その中で買い求めたのは最も大きな電球がついていたこれ。ころんとした電球がすごく存在感があるし、また樹脂の中にはビーズなどが封じ込められていて、きらきらしていてとてもきれいです。眺めていると、子供の頃夜店で掬いとったスーパーボールのことを思い出します。

電球は偏愛アイテムで、大昔に耳猫風信社で購入した昭和初期の電球をはじめ、家にガラクタめいた電球がたくさんあります。漠然と「こういう理科的アイテムを身につけることができればなぁ」と思っていたのですが、そんな私の夢が具象化した如くの今期の新作を前にして、すっかりメロメロになっています。電球ネックレスはもう一つくらい欲しいなー。もちろん蝋燭タイプも欲しいです。今期はjouerに散財しそうな予感。

Titiはマギエラのキャンドルをはじめ、他にも私好みのアクセサリーが多いお店ですっかり気に入りました。次回の札幌帰省の時も、必ず立ち寄るつもりです。
by yuriha_ephemera | 2007-07-27 22:30 | アクセサリー
<< 札幌でのわたくし 札幌避暑記*3 人形屋佐吉 >>
AX