憧れのリバティ
疲れているせいか、些細な事でイライライライラ。疲労は精神衛生上ほんとによくないですね…。早く疲れを抜いて、まったりモードに戻らなければ。

c0077407_14224634.jpg
気分がやさぐれている時は、かわいい洋服のことを考えてみる。こちらはJane Marple Dans le Salonの2007年秋物のリバティワンピース。英国リバティ社のプリント生地を使った服がここ数年Janeではたくさん出ていますが、これは私が買った初めてのリバティものです。リバティものは前から気になって横目でチラチラとは見ていたのだけれど、なかなか購入には至らなかったのでこうしてご縁があってうれしいです。リバティ社のプリントはかなり個性的で、それでいて伝統を感じさせるところがすごいし面白いと思います。ワンピはドンルのものなので、Janeに比べるとラインは控えめです。でもゆったりとしたシルエットで丈も長めで、着心地がいいしすごくお気に入り。色は三色ありましたが、私は一番柄がはっきりしている黒を選びました。地味な私の顔にはこのくらいコントラストが強い方が映えるようです。

c0077407_1422582.jpg
襟元のレースも素敵。このワンピは他でもありそうだけど、でも上質な素材を使っているところやありそうでないデザインという点はやっぱりJaneだな、と。一枚目と色味がだいぶ違いますが、この二枚目の写真の色が実物に近いです。

c0077407_1423860.jpg
袖や裾に水玉をあしらっているのがよいなと思います。柄×柄なのに不思議とうるさくなくてなじんでいるのがさすがです。

ついついかわいいJaneを買いがちだけど、実はドンルも大好きです。これから少しずつドンルのアイテムも集めていきたいなぁと思っています。このワンピの唯一の不満は裏地がついていないことでしょうか。思いっきり透けます。。。まぁ手持ちのペチコートなどを合わせればいいわけですが、値段を考えると裏地ぐらいはつけて欲しいな、と。でも下手にキュプラの裏地をつけられるよりはこのままの方が気軽に洗濯できるし、そう考えると悩ましいところではありますが。
[PR]
by yuriha_ephemera | 2007-11-12 14:39 | Jane Marple | Comments(0)
<< 誕生日の秘密の鍵 へろへろ >>
AX