人気ブログランキング |
マリンなハンカチ
意味もなく日記風にブログを書いてみる日。

★4月8日(火) 大雨
どしゃぶりな一日。これはきっと本日からツアーがスタートする某PTバンドの雨神様の仕業に違いあるまい。あのお方の雨男パワーには毎度のことながら笑うしかない。図らずも予定がキャンセルとなったので、昼過ぎまでぬくぬくと惰眠をむさぼる。ここのところ疲れが溜まってかなり参っていたのだけれど、今日一日でだいぶ体力気力ともに回復したのでよかった。やっぱり疲れた時は寝るに限る。

★4月7日(月) 雨
某所へ某用件を片付けに。二時間くらいかかるだろうと思って待ち時間用に分厚い本を二冊も抱えていったのに、ものの20分ほどであっさり終了してしまい拍子抜け。重い本を抱えていった私の苦労は一体。次の約束まで時間があったので、新宿に出て久しぶりにじっくりとウィンドーショッピング。マルイヤング館をはじめ、普段はなかなか回れないカジュアル系のお店を隅々までじっくりとチェックして春夏服の偵察を行う。OLIVEdesOLIVEでかわいいワンピースを見つけて購買意欲を掻き立てられるも、「似たようなアイテムを持っていなかったけ?」「そのワンピの値段、××学会の今年度の学会費と同じですよ」などと理性が邪魔をして購入には至らず。Janeでフラワーミックスシリーズがいたくツボり思わずカードを切りそうになるも、ここもなんとか堪える。ここで買物をしてしまったら、5月に札幌に帰れなくなる。欲しいなと思うものは他にもたくさんあれどウィンドーショッピングに徹し、最後にUNITED ARROWSにてハンカチを二枚購入。
c0077407_085668.jpg
錨や舵、そして船が鏤められたマリンなハンカチ。夏らしい爽快さがあってよい。籠バッグに合いそうなデザインが気に入っている。

友人と合流し歌舞伎座へ。「将軍江戸を去る」についてはノーコメント。というか率直に言えばつまらなかった。仁左衛門の弁慶は彼らしい味があってよいが、個人的な好みで言えば成田屋の重量感のある弁慶の方が好きかも。しかし仁左衛門は和事から荒事までこなし、誠に巧みな役者である。あまり期待していなかった「浮かれ心中」はなかなか面白かった。例によって勘三郎の芝居にある観客と舞台の間にある「笑いの共犯関係」は気になったし、細かい部分での突っ込みはあるが、わかりやすいエンタメ性を私は素直に楽しめた。このあたりは師匠と意見の相違があったかもしれない。出演者の中では時蔵の女形が印象に残った。近くにアイタタな勘三郎ファンがいて、一瞬係員と修羅場を演じるというレアな場面を目撃できたのも収穫か(そんな収穫はない方がよかったが)。帰り道最寄り駅で某歌舞伎役者を目撃し、どうやら家が近所らしいということを知り驚く。いろいろな意味で盛りだくさんな日だった。
by yuriha_ephemera | 2008-04-09 01:00 | その他お洋服
<< 春はピンク 日本天文学会創立100周年切手... >>
AX