人気ブログランキング |
告知*一箱古本市助っ人のお知らせ
正式な告知が遅くなってしまいましたが、5月3日の一箱古本市は助っ人(ボランティアスタッフ)として参加します。去年の秋に初めて店主として出店し、改めて面白いイベントだなと実感した一箱古本市。準備がいろいろとスローな私は毎回店主参加は無理なので、春は助っ人として関わろうと前々から心に決めていました。(5月3日の大家・店主リストはこちら

c0077407_20601.jpg
当日私がお手伝いをする場所はファーブル昆虫館「虫の詩人の館」です。心は理科少年な私としては興味津々な場所で、大家リストを初めて見た時から「絶対ここにする!」と希望を出していました。

c0077407_2063269.jpg
この写真を撮影した当日は閉館でした。私のデジカメは広角が弱くて、ダメな写真ですみません。広角好きとしてはせめて28mmのレンズくらいな感じで撮影したいですわ…。実は私もまだ中には入ったことがないので、当日空き時間にでも見学に行こうと思っています。ファーブル昆虫館は3箱出店があるのですが、だいこんの会でお世話になっている岡崎武志さんもここに出店されます。それぞれの店主さんがどんな本を出品されるのか、私もとても楽しみです。

c0077407_2065046.jpg
私は13時から終了時間の16時まで助っ人としてファーブル昆虫館にいます。たぶん朝イチも少しお手伝いをしていると思いますが、こちらはすぐ離れる可能性があるので上記の時間が確実かと。助っ人として参加なのであまり長くはお話できないかもしれませんが、会場で見かけましたらどうぞ気軽に声をかけて下さいね。昆虫装備で(笑)お待ちしております。

c0077407_207081.jpg
こちらは27日の一箱古本市での戦利品。プライヴがあったのでかなり絞り、結局購入した本は二冊だけでした。鴨沢祐仁『クシー君の発明』@トンブリン:月兎耳堂、氷室冴子『マイ・ディア』@林檎文庫。狙ったわけではないけれど、蓋を開けてみれば少年・少女な組み合わせに。クシー君は説明不要かと思いますが、『マイ・ディア』についてはちょっと解説を。氷室冴子さんの私的な回想が織り込まれた、翻訳ものの少女小説(氷室さんは本の中で「家庭小説」という言葉を使われていますが、私はとりあえず「少女小説」と呼びます)のガイドブックで、非常によい本だと思います。私にとっては少女小説ブックガイドを語る時にはずせない一冊になりそうです。この本で知った『リンバロストの乙女』に興味津々なので、今度はこの本を探そうと思っています。

話しがずれますが、氷室冴子さんは10代の頃に読んでいた懐かしい作家さんです。世間的には『なんて素敵にジャパネスク』『ざ・ちぇんじ!』あたりが代表作なのでしょうが、実は私はどちらも未読です。ジャパネスクは漫画の方は読みましたけどね。私が読んでいた作品の中で印象的だったのは『銀の海 金の大地』、あとは『海がきこえる』でしょうか。一方は古代転生ファンタジー、もう一つは高校生そして大学生の恋物語という両極端ですが、どちらも好きだったなぁ。特に『海がきこえる』はある意味トラウマ小説です。地方都市に住んでいた少女はこの本を読み、「そっか、大学生になって上京すればこんな恋やキャンパスライフが待ち受けているんだ」と大いに勘違いしました(笑)。当然現実はそんなはずはなく…。そういう幻想を抱かせたこの本はある意味トラウマ小説だよという話しを以前ある方としたなぁ。これも懐かしい思い出です。氷室冴子さんは私の故郷北海道出身で、大学は札幌の藤女子大です。久しぶりに氷室モードが高まり、彼女の最初の本でありまだ未読の『白い少女たち』を注文してしまいました。コメディではなくシリアスな少女小説との評判です。届くのが楽しみ。

c0077407_2071110.jpg
といわけで長くなりましたが、ゴールデンウィーク真っ最中の5月3日はぜひ一箱古本市においで下さいませ。ファーブル昆虫館にてお待ちしております。ちなみにこの写真はファーブル昆虫館へ行く道すがら見つけて撮影した看板。文字がいい感じです。
by yuriha_ephemera | 2008-04-30 20:45 | 活動の記録
<< 修羅場の幕開け 多忙、かつ楽しい日々 >>
AX