人気ブログランキング | 話題のタグを見る
フィギュアの季節
このところブログをさぼり気味で申し訳ありません。お察しの通り、元気なような元気じゃないような微妙な日々を過ごしています。例によってあちこち出歩いて遊んだりもしているのですが、いかんせん本業で激しく行き詰まっているのでめちゃめちゃメンタルの調子が悪いというか…。まぁこれも自分で乗り越えていくしかないわけですが。日記をさぼっていた間にどこに出かけたかしら。フェルメール展、竹宮恵子さんと増山のりえさんのトークショー(この日お二人にサインをしていただいた『ウィーン幻想』は宝物です。そのうちブログで自慢します・笑)、あとは古書市で掘り出し物の本をたくさん見つけたり、部屋でぼちぼちアクセ作りに励んだり…。今週末も予定がたくさんで、土曜は小林健二さんの展覧会を二つハシゴした後はプラの出るイベントへ、日曜日はルーチカカフェ、月曜日は友達と一緒に浅草橋へ…と相変わらず予定がてんこもりです。11月は演劇にもいろいろ出かける予定だし、もうちょっと気持ちを回復してブログに散策記録を残せるようになりたいですね。

フィギュアの季節_c0077407_22105319.jpg
さてさて、鬱々している日々の心の潤いはフィギュアスケート。いや、実のところ潤いではなく胃が痛くなることも多いのですが…。シーズンインし、スケアメ目前な今日この頃ですが、国際B大会やジュニアグランプリですでにヒートアップしていて、今後本格的にシーズンインして果たして体がもつのやらという状態です(笑)。最近はアイスダンスも好きですが、私が一番好きなのはやっぱり男子シングル。今年は日本男子が大活躍中で本当にうれしいです。織田君南里君そしてシニアデビューを果たした無良君がそれぞれヨーロッパの大会で優勝して、ファンとしては嬉しい限りです。特に驚いたのは無良君の優勝。シニアデビュー戦のフィンランディアで、GPSに出場しているヨーロッパ選手をおさえて優勝したのには本当に驚きました。無良君は現在高校三年生ながら日本男子としては珍しく線の細さがなくて、どっしりとした重さのある演技ができる選手です。日本男子でいえば、演技が本田武史さんに似ているかも。豪快なトリプルアクセルも魅力で、なんていうのでしょう演技全体に力強い男っぽさがあります。私はヤグディン好きなので、こういう男っぽいどっしりとした演技に弱いのですよね、あは。もちろんまだまだ荒削りですけれど、このまま上手く成長してくれたら本当に好みの選手になってくれるはず…と数年前から期待していました。残念ながらジュニア時代は崩れてしまうことが多く「もっと上に行けるはずなのに!」とやきもきさせられましたが、シニアデビュー戦では期待以上の成績で、これはきっと大きな自信になったことと思います。演技を映像で見ましたが(SPはこちら)、スケーティングが前より良くて伸びているし、以前に比べて腕に表情がついていい雰囲気になってきましたね。今回PCSが出たのもなんとなくわかります。スピンのポジションがまだ美しくないしレベルももっと上げてほしいし、スピンは課題ですね。リンクをはったSPはかなり好きなプログラムです。これからもっと滑り込んで、いい演技を見せてほしいです。ああ、NHK杯に応援に行きたかった!

無良君のことばかり書いていますが、日本男子はみんな好きでそれぞれ応援しています。もちろん「Cutting Edge 2009」を買いましたよ。「氷上に咲く、男気!」ですか(笑)。フィギュア全体として見ればバトルばかりかステファン・ランビエールが引退するは怪我でGPSエントリーの取り消しが多いわでスケオタ的にはよよよ…な日々ではありますが、少なくとも日本男子に限っていえば明るいニュースが多くて、それが心の救いです。もうすでになっていますが、これからフィギュア廃人な日々が始まるわけですね。今だから言えますけど、無良君が出ていたフィンランディアの試合、結果が気になってリザルトが出るまで起きていましたもん。朝の三時半すぎまで頑張って、優勝を見届けてからようやく眠りにつきました。ちなみにこれは一箱古本市当日の話です。イベント当日だろ、フィギュア見てないで寝ろよ!(笑)。でも好きな選手が出ていると、ついついこういうことやってしまうんですよねー。まさにフィギュア廃人。
by yuriha_ephemera | 2008-10-23 22:49 | 雑記
<< アカツキ前夜 秋物衝動買い日記 >>
AX