人気ブログランキング |
<   2007年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
仙台旅行記*2 バンカラ礼賛その1
仙台で図らずも盛り上がったもの、それはバンカラ熱。東北大学が旧制二高であることは知っていたので、時間があれば出かけようという軽い気持ちで見に行った東北大学史料館。予想に反して史料が充実しており、大変面白い場所でした。全体的なレポを書いている暇はないので、ごくかいつまんで要点だけ。

c0077407_1983978.jpg

二高関係の史料の中でも、我々が最も盛り上がったのが、これ。
朴歯(ほおば)と白線帽。嗚呼懐かしの旧制高校、いざ歌わんデカンショを!などと思わず叫びたくなるほど、ベタな旧制高校の遺物を見て感激するワタシ。白線帽には蜂の徽章がついていて、これがとてもかわいい。二校は蜂のマークなのですね。Tさんともども、「この帽子かわいい」「この帽子欲しい」を思わず連発。

いやいやそれより何より、やはり感動的だったのは朴歯でしょう。要するに高下駄なのですが、この朴歯に白線帽そしてマントという出で立ちは旧制高校生の典型的なスタイルとして記憶されています。私も旧制高校関連の書籍(特に北杜夫の『どくとるマンボウ青春記』)で読んだことはあるけれど、実物を見たのは初めてでした。いやぁ、これか。おそらくカスタム済みであろう無駄に太い鼻緒、歴代の持ち主の名前が記されているところも面白い。

えっと、ロリ系ブログなのでバンカラ需要はないと思われますが(笑)、私の趣味なのでもう少し続けます。でも旧制高校において展開されていた学生文化は、ある意味少女文化・乙女文化とウラオモテの関係で決して無縁ではないと私は思うのです。ある種の過剰さやロマンチズムはベクトルが違えども、両者に共通している。私が少女文化も旧制高校文化も両方等しく愛しているのは、その精神にある歪みや過剰さを愛しているからなのです。両者の本質は、実はとても似ていると思います。

旧制高校文化を知るために最も手頃な入門書は、上でも言及した北杜夫の『どくとるマンボウ青春記』(新潮文庫)でしょう。以下、今回の写真と関係のある部分の引用です。

「ところが私は、読書するよりも、もっとくだらぬ外形にまず時間を割いてしまった。帽子に、夢にまで見た白線(旧制高校生は白線帽が特徴であった)を巻き、それに醤油と油をつけて古めかしく見せようと努力した。次に、一人の友人から当時には貴重なものであった地下足袋とひき換えに、でっかい朴歯の下駄を獲得した。それには普通の鼻緒がついていたが、私はどえらい苦心ののち、直径四センチもある鼻緒を自ら作りだし、これを朴歯にとっつけた。旧制高校生の弊衣破帽というのはむろん彼らなりの裏返されたおしゃれで、いつの世にもわざと異様な格好をし、一般の世人とは区別されたがる人種がいるのと同様である。私はそのとてつもない太い鼻緒に、更に墨くろぐろと、「憂行」と大書した。」(p20)

北杜夫、そして同じく作家の辻邦生が青春を過ごしたのは旧制松本高校です(『どくとるマンボウ青春記』の中にも辻邦生は出てきます)。10代の頃は、ひたすら辻邦生にかぶれていた私です。今でも敬愛の念は変わらないけど、すっかり俗物になってしまった今の私には少し眩しい存在かな。それでも、やはりとても好きな作家です。久しぶりに『夏の砦』を読み返してみようかしら。旧制松本高校にも近々出かけたいと思っています。
by yuriha_ephemera | 2007-05-03 19:16 | 雑記
仙台旅行記*1 火星の庭
今更ながらの仙台旅行記。実はさらに今更ながらの箱根旅行記も控えているわけですが(自分でももうほとんど忘れかけていた…)、多少時間の取れるGW中にどこまでアップできるのか。頑張ってみることにしましょう。

c0077407_10172677.jpg
c0077407_10173429.jpg

仙台に行く機会があれば絶対出かけようと思っていた場所の一つがbook cafe 火星の庭。初めて存在を知った時「火星の庭」という店名に非常に惹かれてしまい、それ以来憧れの場所でした。ブラッドベリの『火星年代記』を愛読しているので、それで火星というのは特別な存在なのかな。店舗前のオブジェ、そしてロゴもかわいいので、記念に撮影。

初めて足を踏み入れた火星の庭は、あまり広くないスペースながら本棚がたくさん組み込まれていて、その入り組んだ感じが面白かったです。品揃えもよかったし、私が仙台に住んでいたら間違いなく通ってるお店だなぁと思う。せめて仙台に来た時は、必ず立ち寄ることにしましょう。

ひとしきり棚を眺めた後、絞りに絞って本を二冊購入。作場知生『天国への自動階段』(新樹社)と、海野弘『都市とスペクタクル』(中央公論社)。『都市とスペクタクル』は海野さんご自身の放出品。定価の半額以下で、お手頃価格でした。火星の庭でも「海野弘 私の100册の本の旅」展が開催され、海野さんのトークがあったそう。私は三鷹の文鳥舎で開催された海野さんと南陀楼綾繁さんのトークに参加したのですが、この旅は仙台まで続いていたのですね。

それにしても旅先の買物として本ほど始末の悪いものはないにも関わらず(重いしかさばるし…)、それでも必ず買ってしまうのは活字中毒者の悲しい性なのか。今回二冊に留まったのは、ある意味奇跡でした。鞄がすでにパンパンで、入れる場所がなかったのですよね…。それでブレーキが効いたのかも。

買物の後は、喫茶コーナーで延々とおしゃべり。カレーが品切れだったのは残念だけど、タコライスやケーキ、そしてスコーン、どれも美味!食べ物もおいしいし、居心地もいいし、本当に素敵な場所でした。火星の庭、非常によかったです!次こそは、迷わず辿りつけるように頑張ります(方向音痴二人組で出かけたら、迷いに迷って大変なことになってしまったのです・笑)。
by yuriha_ephemera | 2007-05-03 10:23 | 雑記
Made in COLKiNiKHA 2007A/W展示会"DOLL HOUSE"
4月29日、コルキニカの展示会に出かけてきました。2007-2008A/Wのテーマは「DOLL HOUSE」。閑静な区画の一軒家に入ると、真っ白なワンピースを着た酒井景都さんのお姿が目に入り、そこはもうコルキニカの世界。耳に響くはアイスランドのバンドmumの音楽。私もすごく好きなバンドなので、思わず反応。北方属性という点で、コルキニカとmumには確かに通じるものがあるかもしれない。会場にはアンティークのドールハウスをはじめ時を経たぬいぐるみなどがさりげなく展示されていて、ほの甘い世界に彩りを添えていました。

会場には秋冬ものの商品をはじめ、一点ものの付け襟やワンピースが並んでいました。アイテムを眺めたり、カルピスさんの商品説明に耳を傾けたり、楽しく悩みつつ予約したのは以下のもの。
・ボンボンショール白
・ヨーヨーフラワーキルトベルト黒
・ヨーヨーキルトヘアゴム赤
ボンボンショールは、灰色がかったなんとも温かな色が素敵。そしてぐるりと縁どる白のポンポンがとてもかわいくてお気に入り。このポンポンは、雪のイメージだそう。コートやジャケット、そしてセーターの上から着けたらいいなと思って予約。
下の二つはヨーヨーキルトのシリーズ。ヨーヨーキルトがかなりツボったようで、ネックレスでもかなり悩みました。ネックレスもよかったけれど、とりあえずベルトかな…ということで予約はベルトの方で。季節を問わず使えるアイテムだから、きっと大活躍してくれることでしょう。入荷が楽しみです。

今回の展示会の目玉アイテムと言えるのは、家具職人とのコラボレーションにより実現したミニチュア家具ピアスでしょう。家具としての形の精巧さと、さらに耳にぶら下げるピアスとして求められる軽さ、両立させるのが難しい要素を融合させたこの商品は今期の象徴と言ってもよいアイテムだと思います。職人技と手間がかかっている分、お値段はそれなりで残念ながら予算オーバーだったので私は見送りましたが、とても気になっているアイテムではあります。ミニチュア家具をピアスにしてしまう発想が面白いです。

送っていただいたDMの画像を撮ろうと思ったのに、部屋の書類の山(ほとんどカオス)に埋もれてしまったようで現在行方不明中。。発掘次第、アップします。
by yuriha_ephemera | 2007-05-01 22:16 | その他お洋服
metamorphose*リボンカチューシャ
c0077407_199413.jpg

先日購入した、metamorphoseのリボンカチューシャです。黒だし何にでも合わせやすそうだし、素材感も気に入ったので購入。なにげに初メタモアイテムです。しかし黒アイテムを黒背景で撮るのはあまりにも無謀だった…。写真、失敗。
by yuriha_ephemera | 2007-05-01 19:09 | その他お洋服
フランス菓子店ノリエット
ゴールデンウィーク真っ最中。それなのに、なんでこんなに忙しいの(涙)。だんだん泣きが入ってきました。いろいろなことに首を突っ込みすぎている私が悪いのですが、さすがにしんどくなってきたなぁ。大丈夫なのか、これから。そんなこんなで多忙の日々を過ごしているので、すっかりサイト日記が放置されています。今日か明日くらいには更新したいところです。さて、今日は5月1日。いよいよ5月ですね。今日は起床後お約束のあの曲、Plastic Treeの「May Day」を爆音でかけて部屋で一人ヘドバンモード。爽やかな朝です(笑)。

c0077407_1047780.jpg

昨夜、下高井戸飲み会に出かけていた相方がお土産を買ってきてくれました。それがこれ、ノリエットの洋菓子。前を通りかかったらとても美味しそうだったから買ってきてくれたとのことですが、これが本当に本当においしかった!何この絶品マカロン!上質なバターの香り溢れる焼き菓子!すごい、おいしい、メロメロ〜。というわけで、すっかりここノリエットにはまってしまいました。店舗が下高井戸なのがネックと思っていましたが、サイトを見るとどうやら新宿高島屋で取扱いがあるようで。普段高島屋には行かないけれど、ノリエットのためなら出かけますわ!というわけで、今度チェックしてこようと思っています。ついでにQ-pot.の高島屋限定マカロンネックレスもチェックしてこないとな。マカロンと薔薇といい色合いとい、とても好みのアイテムで気になっていたのですが、高島屋ということで二の足を踏んでいたのです。出かける用事ができてよかったわ。
by yuriha_ephemera | 2007-05-01 10:50 | カフェ・食べ物
AX