人気ブログランキング |
<   2007年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
fish eye magic
ここ数日はいろいろと取り込み中なのでブログや日記がまともに更新できないかもしれません。とはいえ息抜き時間も欲しいので、その合間に簡単にできそうな更新なら行いたいなと思っています。

私はもともとカメラや写真が大好きなのですが(でも知識も技術もない単なる素人の下手の横好きです)、最近は忙しさを言い訳にして銀塩カメラにはほとんど触れていませんでした。デジカメならメモがわりに毎日使っていますけど、こういうのも好きだけど、でもやっぱり一番楽しくて好きなのはアナログカメラです。一年ほど前に手に入れたFish Eye LOMOがとても気に入っていて、それでちょこちょこ写真を撮っています。多少作品がたまってきたので、そのうちNEW ATLANTISのギャラリーに展示しようかなと思っています。Fish Eye LOMOの写りはこんな感じですよ〜という御紹介の意味も含めて、写真を何枚かアップしてみます。

c0077407_10365770.jpg
旧古河庭園にて撮影。童話の世界みたいな雰囲気と色合いが好き。

c0077407_1037857.jpg
札幌にて撮影。幌見峠のラベンダー畑。ラベンダーというと未だに「時をかける少女」を思い出す私は古いのでしょうか(笑)。

c0077407_10371829.jpg
これも幌見峠にて。やはり魚眼レンズは野外撮影に限るな、と。この光の入り具合がいかにもLOMOっぽい一枚だと思います。
by yuriha_ephemera | 2007-11-06 10:49 | 雑記
冬物第一弾♪
c0077407_13493854.jpg
久しぶりにJaneの店頭を見に行きたいなぁと思っているところに入荷連絡があったので、いそいそと出かけてきました。今年の冬物の入荷第一弾はDans le salonのクイーンERピンでした。

このピンはハットピンとして使ったり、またストール留めとして、さらにはジャケットのポケットに入れる飾りとしてなど、いろいろと活用できるようです。私はたぶんストール留めとして使うのではないかと思います。冬物でストール二枚予約しているし。カタログの時からかわいいなぁと思っていたけれど、実物を見たらやっぱりかわいいしおまけに安いので、シルバーも予約しておけばよかったかも…と軽く後悔。当然ながら予約完売だったようで、店頭には並んでいませんでした。

このERシリーズは他のアクセもかわいく、特にネックレスに惹かれました。二種類あったけど、どちらもよかったな。おもちゃのような石がついているタイプが特に好きなのですが、アクセも値上がりしているのでぐっと我慢しました。個人的に、Janeのアクセに諭吉以上は出したくないので。こういうポリシーをもっているせいか、最近Janeで全然ネックレスを買っていないことに気がつきました。ネックレスは他のアクセブランドで買って、リングはJaneというパターンが今は多いようです。
by yuriha_ephemera | 2007-11-04 14:03 | Jane Marple
わりとどうでもいい日記
渋谷のLE DECOで行われたSERAPHIMのファッションショーに出かけてきました。そのことは追々書くとして、今日はわりとどうでもいい日記を。

・Plastic Tree、年末のカウントダウンに出るんですねー。渋公じゃないやC.C.Lemonでのワンマンが30日だからと31日の飛行機を取って帰省する私は無理です。仮にチケを取っていなくても、いくら自己中放蕩娘の私であっても、さすがにこれは帰省を優先しただろうなぁ。でもヴィジュアル系だけのカウンダウンって興味はあるのです。しかし帰省があるから今後も参加することは極めて難しいだろうなぁ。

・太朗さんがケラで連載していた「五十音式」が本になるとか。私過去に何回かプラ日誌でこの連載のことこっぴどくこき下ろしましたが、そんな私でも結局買ってしまうのは本好きの性なのか、それとも海月の哀しき性なのか…。。予約をして買えばポストカードがついてくるらしいですが、それは別にいらないし送料分700円払うの嫌だし普通に店頭で買うことにします。あーあ、買っちゃうよ。だって私太朗さん好きなんだもん。言われなくてもわかってるよ。

・サイトの日記にも書きましたが、黒田武志さんの作品集『不純物100%』がとっても楽しみです。また展覧会「百年後の博物館」を見るために大阪遠征することも決定☆ええどうせ遊ぶことしか考えていませんから、私。遠征楽しみだなー、わくわく。ちなみに今まで大阪遠征は二度したことがあるのですが、一度目はプラのFC限定ライヴ、二度目は維新派の公演でした。あと3月か4月にはまた京都に行こうと思っています。夜行バスでの貧乏旅行にすっかりはまっている私です。来年は神戸と岩手と松本にも行くぞー。

c0077407_2303347.jpg
c0077407_2304597.jpg
唐突ですが、うちの近所で撮った変写真。突っ込みどころに困るこの光景。上が昼Ver.。夜はちゃんとライトアップされてます。最初に見た時は絶句でした…。というわけで、今日は本当にどうでもいい日記でした。
by yuriha_ephemera | 2007-11-03 23:10 | 雑記
京都*緑寿庵清水
c0077407_11472247.jpg
今までこのブログでも何度か紹介していた金平糖のお店緑寿庵清水。今回ようやく念願叶い、自らお店に行き買物をしてきました。うう、うれしいっ!予想以上に小さな店舗には、主に女性を中心にひっきりなしに人が入ってきて、その人気を実感できました。雑誌でもよく紹介されているそうですね。お店の外観も色遣いが控えめながら素敵です。

c0077407_11473056.jpg
ガラスに映り込みがあるので見にくいかと思いますが、店先には慶応初年の金平糖作りの釜が展示されていました。実際に見ることは不可能ですが、どうやって金平糖が作られているのか、その現場がとても気になります。いつか見てみたいなぁ。

c0077407_11473859.jpg
今回は今まで食べたことのない味を中心にセレクトしてみました。右から時計回りにオレンジ、林檎、そして肉桂です。どれも美味しいですが、私がこの中でとりわけ気に入ったのが肉桂(シナモン)。私ってどうしてソーダとか肉桂とか、こういう邪道な味に惚れるんでしょうね(笑)。

緑寿庵清水もソワレや恵文社そしてライト商会同様、私の京都旅行には欠かせないスポットになりました。次の京都旅行では、今回品切れで買うことのできなかった金平糖とご縁がありますように。
by yuriha_ephemera | 2007-11-02 12:03 | カフェ・食べ物
京都*Wright商会
c0077407_1121241.jpg
c0077407_1122561.jpg
京都にある素敵なアンティークショップ、Wright(ライト)商会。店内に所狭しと並べられた骨董品、アンティークはご主人のお眼鏡に適った素敵かつ面白い商品ばかり。私がこのお店を気に入っている理由の一つは、日本のアンティークショップとしては珍しく理化学器械の品揃えが充実していること。それも「おお、これは」と思わせるセレクションで、見ていると喉から手が出るほど欲しくなるものばかり。値段は高いので私のような貧乏学生はただひたすら羨望の眼差しを注ぐだけですが、こういうものもあったのかと大変刺激を受けます。最近『驚異の発明家(エンヂニア)の形見函』を再読していることもあって、自分の中で理化学・博物学オブジェ嗜好がふつふつと高まっているのを感じます。古い懐中時計もたくさんケースに並んでいて、これまた物欲をそそられるひとひねり効いたアイテムばかりです。いつも眺めて出てくるだけの私ですが、いつかここで買物をするのが私の夢です。アンティーク好きの方ならぜひ一度ご覧になることをお勧めする、私の大好きなお店です。

今回は時間がなくてすぐに出てきてしまいましたが、店内は喫茶にもなっていて珈琲や紅茶をいただくこともできます。店主の小宇宙ともいうべきあの空間の中、珈琲を味わうのも格別かと。また店内には看板猫の金太郎もいて、これがまたとてもかわいいです!私が行った時は、年代物の優美なソファーの上、アンティークドールと隣り合ってすやすやと眠っていました。あまりにも自然になじんでいて、最初それが本物の猫とは思えずリアルなぬいぐるみかと思ったほどです。びっくりしたけど、あまりに素敵な光景でしばし見入ってしまいました。

Wright商会(ライト商会):京都府京都市中京区寺町三条下一筋目東入
by yuriha_ephemera | 2007-11-02 11:19 | 雑記
Jane Marple 2007年冬物雑感*2
c0077407_13531011.jpg
今月号の装苑の特集は「アクセサリーとモード」。アクセサリー好きな私にとっては楽しい特集でしたが、Janeアイテムが紹介されているのでJaneスキーさんにとってもうれしい内容なのではないかと思います。写真はアクセサリー特集に載っているアクセ。右側の三つがJaneです。この中で私が予約をしたのは右上のエンブレムブローチとその左のハットピン。色も全く同じです。この中で特に期待はエンブレムブローチです。かなり大きめで存在感がありそう。入荷が楽しみです。同じく掲載されている月と星のブローチ、テーマ自体は好みなのですがデザインにもうひとひねり欲しい気がして見送ってしまいました。でも私がカタログを見た時点で予約完売だったので、人気みたいですね。

秋に引き続き冬もアクセサリーは豊作で、私は他にオーブのリングなどを予約しました。あと印象に残っているのがヴィクトリア女王の目を象ったリング、あとはユニオンジャックのリング。特に円形のユニオンジャックのリングがものすごく好みのデザインだったけれど、素材がシルバーで値段が非常に高いのがネックで予約を諦めました。あれ、シルバーじゃなくていいからいつもの素材でいつも通りの値段にしてほしかった…。あと前評判で気になっていた時計型の懐中時計、これもカタログを見てみたらデザイン的にあっさりしすぎというか物足りない感じでこちらも見送り。値段も結構しましたしね。値段、もしくはデザインどちらかが違えば予約したと思うのですけどねぇ。こちらも残念。

c0077407_13532285.jpg
Jane Marple特集に冬物が載っていますが、やっぱりかわいいですね。私は左の写真のコーデに使われているストールを予約しています。色も同じアイボリーです。これ一枚でフォークロアテイストを加えることができるので重宝しそう。服は結局この程度しか予約していませんが、ヘリンボーンのショートパンツや別珍のビスチェなど、柄物以外でも気になるアイテムがたくさんありました。冬物はビスチェそしてケープが豊作でしたね。ただ私は節約モード故、「秋物でビスチェを一枚買ったし、ケープは秋物のヘリンボーンのが未だに未練だから」としぶしぶ自分を納得させて予約を見送りました。でもさすがにこれだけでは寂しいから店頭でもう少し買いたいな。

今月号の装苑でうれしかったのは、私の好きなQ-pot.の記事があったこと。私が先日購入したチョコビスケットのネックレスもアクセ特集に載っていたし。実はこの前高島屋で買物をした時に、デザイナーのワカマツタダアキさんがいらしていて思わず横目でチラチラ眺めていました。その時はご本人か確信が持てなかったのですけど(何せ私が知っていたのはかなりお若い頃の写真だったので)、今月号の装苑を見てやっぱりな、と。なんとなくうれしくなった体験でした。
by yuriha_ephemera | 2007-11-01 15:15 | Jane Marple
Jane Marple 2007年冬物雑感*1
Jane MarpleからDMをいただきました。もう冬物の入荷が始まっているのですね。私の予約は中盤以降に固まっているせいか、ここ最近はずっと店舗にも行っていなくて入荷状況もわからない状況です。今度少し暇になったら店頭チェックをしに行こうかな。思えば冬物の雑感をアップしそびれていたことに気がついたので、今更ではありますが記していきたいと思います。ただ完全にタイミングを逃してしまったので、ごくごく簡単に。

個人的に冬物は久々のヒットという感じで、私は非常に好きなテイストだったし予算内で欲しいものを選ぶのに非常に苦労をしました。つまり予約以外でも未練アイテムがたくさんありました。節約モードなのが悲しいなぁ。秋物に引き続き小物が抜群にかわいかったし、また服も無地・柄物ともによかったです。柄物は定番のタータン、プードル、シークレットガーデン、フォークロアフラワー、ロイヤルコレクション、あとはアップリケのプードルなどさまざまです。ドンルは型数が少なめでしたね。でもドンルにしてはかわいめ寄りのアイテムが多かった気がします。基本的に好きな路線が大人しめJane、かわいめドンルな私にとってはうれしい傾向。ドンルの柄物の中ではLondon to Veneziaが印象に残っています。Lois CRAYONにありそうな雰囲気でしたね(別にパクリと言ってるわけではありません)。こういう雰囲気も好きです。

c0077407_9152126.jpg
こちらはポストカードになっていた、ロイヤルコレクションシリーズ。秋冬Janeの定番という感じですね。ただこの柄はこうしてテキスタイルだけを見るとよいのですが、いざ服になるとちょっと煩い感じになってしまうのが残念。布はゴブランとプリントがありましたが、プリントだと若干イノワっぽいテイストかもとも思ったり。今までエンブレム、そしてオールドライブラリーなどが出ているのでどうしても既視感は否めませんが、それは裏返せばJaneらしいということで、今年の冬物のメインコレクションになるのは間違いないでしょう。私はゴブランのトートバッグのみを予約しました。柄物バッグは使いにくいという意見もききますが、私は服は無地が多いので逆にバッグは柄物が使いやすいし手持ちも柄物だらけです。トートバッグはかなり大きいので、日常使い用にしようと思っています。

c0077407_9153596.jpg
こちらは私的に一番ヒットだったシリーズ、フォークロアフラワー。フォークロアテイストは大好きなんですよ〜。これは何を予約するか悩んで悩んで、結局右上に載っているスカートとストール(白)に厳選。ワンピもよかったのですけど、色が選べなくて結局すべてのテキストが使われているスカートでお茶を濁そうと(笑)。でもやっぱりワンピも欲しいし、あと真ん中に載ってる半袖のトップスもかわいいし…。あうあう。そしてやっぱりこのグリーンの色が抜群にきれいだわー。というわけで、煩悶(大げさですが)は続くのです。

今月号の装苑にもJaneはたくさん載っているので、続きはそちらを紹介しつつ語っていきたいと思っています。

というわけで新作にも心を奪われている日々ですが、今は買物に行ってる暇もないし節約モードなので、手持ちの秋冬服をガンガン着倒してます。気がつけばかなり量があって、一通り袖を通すのも計画的にやらないと漏れが出てしまう感じ。でも昔の服も大好きなので、こうやって引っ張り出してきて着るのは楽しいです。明日は維新派なのでコーデを考えていたのですが、2002年の秋物メインにしようかなと考えています。サージチェックSKのブラウン、王冠のついたライオンネックレス、そしてタータンの王冠バッグ。考えてみたらまだ王冠バッグしかブログで紹介していないですね。残りの二つもそのうちアップしなければ。
by yuriha_ephemera | 2007-11-01 09:38 | Jane Marple
AX